武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『大系 黒澤明 第3巻』(講談社)に拙稿が載っています~

投稿日:2010年2月27日 更新日:

黒澤明
きのう、バンクーバー五輪の女子フィギュアで、浅田真央ちゃんがちょっぴり悔し涙の銀メダルを獲得したのをテレビでしかと眼にしたとき、定形外の郵便物が届きました。
封を開けると、ひじょうに分厚い書物。
『大系 黒澤明 第3巻』
A5版、750ページ。本体5000円。発行所は講談社。発効日は2010年2月26日。寄贈本です。
今年の3月23日が黒澤監督の生誕100年に当たります。
その記念に、監督や関係者の著述、発言をすべて網羅するという企画が講談社で立てられ、『大系 黒澤明』全4巻として出すことになりました。
すでに第1巻『黒澤明の形成』(1924~51年)と第2巻『世界のクロサワと挫折』(1952~73年)は刊行されています。
この第3巻(1973~98年)は『黒澤明の復活』という内容です。
ぼくが読売新聞大阪本社の文化部記者だった1994年12月15日、東京・世田谷の黒澤監督のご自宅でインタビューしたときの全発言を載せています。本書の638~643ページ。
このときの様子は、ブログ(2009年2月22日)で紹介しました。
ぼくの人生に大きな影響を与えた黒澤監督と直接、お話ができ、ほんとうに忘れられない思い出になっています。
このインタビュー原稿自体は、4年後、映画研究の同人誌『FB』12号(1998年)に掲載されたものです。
黒澤さんの集大成ともいえる貴重な書物に、ほんの少しですが、ぼくの拙稿が載っていることをすごく光栄に思っています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

めちゃ元気をもらえました!!~イタリア映画『これが私の人生設計』

めちゃ元気をもらえました!!~イタリア映画『これが私の人生設計』

超前向きで、少々のことではへこたらない。   そんなパワフルな女性建築家が織りなすイタリア映画。   幾度も壁にぶち当たって奮闘する姿をコミカルに描きながら、社会性のあるテーマに踏 …

芳醇な余韻を残すラブ・ロマンス~『新しい靴を買わなくちゃ』

芳醇な余韻を残すラブ・ロマンス~『新しい靴を買わなくちゃ』

(C)2012「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会 タイトルからして、ちゃらちゃらした恋愛ドラマ~。   勝手にそう思い込み、全く期待せずに試写を観たら、意外や意外、胸が熱くなってしまった( …

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

あの時、ああしておけばよかった……。 日々、後悔するのが世の常だが、そこに人の死が絡むとどうなるのか。 本作の主人公は自責の念と罪悪感にかられ、ストイックな行動に移す。 その姿を徹底的に追尾した異色サ …

ベタつき感のない大阪映画~『オカンの嫁入り』

ベタつき感のない大阪映画~『オカンの嫁入り』

      ©2010『オカンの嫁入り』製作委員会 このタイトルを観て、ウ~~ンと引く人がいるかもしれないが、この映画は見応えありますよ。 今日の日本経済新聞夕刊に掲載されたぼくの映画エッセ …

2016年、映画ベストテンの発表~!

2016年、映画ベストテンの発表~!

今年は新刊『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓すべく全精力を注いできたので、昼間、試写室に行く時間があまりありませんでした。 それでも1年間に227本の映画を観ることができました(12月23日現在) …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。