武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

西川美和監督の新作~『永い言い訳』(公開中)

投稿日:

『蛇イチゴ』、『ゆれる』、『ディア・ドクター』など意外性のある作品を手がける西川美和監督の新作。

 

他人同士の不思議な絆が芽生える様子を、移ろう人の気持ちとシンクロさせ、バランスよく紡ぎ出した。

 

優しさが充満した人間ドラマ。

 

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

直木賞候補になった監督の自作小説を基に台本を書き上げた。

 

デビュー以来、オリジナル脚本を貫く姿勢は高く評価したい。

 

人気小説家の幸夫(本木雅弘)と美容師の夏子(深津絵里)は結婚20年目を迎え、夫婦仲は冷え切っている。

 

親友と一緒にスキーに出かけた妻が事故死した時、夫は自宅で編集者の女性と密会中だった。

 

罪悪感を抱くも、連れ合いの死に涙が出ない。

 

葬儀の間、悲しみを演じる姿が何とも見苦しい。

 

そんな幸夫が夏子と共に他界した友人の2人の子を世話することになる。

 

想定外の展開だ。

 

小学生の真平と保育園に通う妹の灯(あかり)。

 

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

 

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

悲嘆に暮れ、亡き妻の思い出に浸るトラック運転手の父親、陽一(竹原ピストル)が自分と全く対照的な人物だけに、幸夫は戸惑う。

 

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

身勝手に生きてきた主人公が慣れぬ子育てに悪戦苦闘するうち、「誰かのために生きる幸せ」を体感する。

 

その変貌ぶりが実にほほ笑ましい。

 

ほぐれてくる歪んだ自意識が丁寧に、かつユーモラスに描かれる。

 

とりわけ学芸員の女性が一家と親しくなり、幸夫が嫉妬心から感情を爆発させる灯の誕生会のシーンが秀逸。

 

物語の核となるところで、長回しが効いている。

 

心理的な不安や弱さを巧みに表現する本木の演技はいぶし銀の味わい。

 

熱い魂をストレートにぶつける竹原の素なる演技と見事に絡み合っていた。

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

(C)2016「永い言い訳」製作委員会

他者との関わりの中で、自分を見出す。

 

生きることの素晴らしさを存分に実感させられた。

 

これまでの集大成と西川監督は言い切っている。

 

2時間4分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆14日から全国ロードショー

 

(日本経済新聞夕刊に2016年10月14日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

舞台『フェイドアウト』、いよいよ始動しました~(^_-)-☆

舞台『フェイドアウト』、いよいよ始動しました~(^_-)-☆

新年になり、拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の舞台作品『フェイドアウト』の本番に向け、いよいよ始動――。 4日の夜、会場となる自宅近くの大阪・新町のイサオビルで、 …

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

昨日は神戸朝日ホールで、ケン・ローチ監督のイギリス映画『天使の分け前』の上映会(主催:神戸映画サークル協議会)がありました。   どん底状態に陥ったスコットランドの青年がスコッチ・ウイスキーと出会って …

銀幕を彩った大阪の女優たち

銀幕を彩った大阪の女優たち

昨日、大御所の山田五十鈴さんが亡くなりはりました。  この人、大阪はミナミの千年町(宗右衛門町のすぐ北側)で生まれた浪花っ子です。   溝口健二監督のトーキー第1作『浪華悲歌(えれじい)』( …

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

映画が日本で最初に上映されたのは京都ではなく、大阪だった~! 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)のトピックスに対する「反論」の講演会が昨日(28日)、京都・壬生のおもちゃ映画ミュージアムで開かれまし …

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

今日は雨。 これで桜が散ってしまうのでしょうね。 儚げ……。 散りゆく桜花を目にすると、いつも切なく思ってしまいます。 桜と言えば、『細雪』。 3年前、芦屋川を散策し、こんなエッセーを記しました。   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。