武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

いぶし銀の演技~『新しい人生のはじめかた』

投稿日:2010年2月22日 更新日:

新しい人生のはじめかた
(C)2008 OVERTURE FILMS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。
米英を代表するベテラン俳優が大人の恋を軽やかに奏でてくれた。
互いに相手の持ち味を引き出すゆとりのある演技を披露。
それを見ているだけでも楽しめる。
CMソングの作曲家ハーヴェイ(ホフマン)は妻と離婚し、ニューヨークで独身生活を謳歌する60代の男性。
楽天家に見えるが、若手作曲家に仕事を奪われそうで、内心焦っている。
一方、空港で働くケイト(トンプソン)は婚期を逃し、ロンドンで母親の面倒をみる40代の女性。
小説を学ぶカルチャー教室に通っているが、どこか人生を諦観しているような……。
大西洋を隔て、別世界で暮らす彼らを交互に映し出し、暮らしぶりやキャラクターを浮き上がらせる。
そして英国にいる娘の結婚式に出席するため、ハーヴェイがロンドンへ来て、2人の素顔が見えてくる。
彼は元妻からダメ夫の烙印を押されていたことがわかってくる。
しかも結婚式で娘とバージンロードを歩くのが妻の再婚相手と知ってショックを受ける。
ケイトも同僚が仕組んだデートで不快な思いをしていた。
そんな2人が空港のバーで出会うシーンが白眉だ。
ウイスキーをやけ酒であおるハーヴェイが、傍で白ワインを飲むケイトに声をかける。
前日、空港でアンケートをとっていた彼女への非礼を詫びたのだ。
それを機に急接近。
お酒が小粋な小道具として光っていた。
予定調和的な展開だが、穏やかなテンポとコミカル風味の演出に引き込まれる。
彼らが大人のルールを守り、品位を保って行動したところにぼくは好感を持った。
人生は縁の積み重ね。
その中でも居心地のいい縁は幸せを呼ぶ。
さわやかなエンディングに心が華やいだ。
監督は英国映画界の新鋭ジョエル・ホプキンス。
1間33分。★★★★(見逃せない)
大阪のシネ・リーブル梅田で公開中
(日本経済新聞2010年2月19日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

杉山平一さん、ご冥福をお祈り申し上げます

杉山平一さん、ご冥福をお祈り申し上げます

詩人の杉山平一さんがお亡くなりになられました。 97歳。 関西詩壇の最長老です。 詩の世界だけでなく、映画にも深い愛情を注がれ、いつも凛とした表情で試写室に座っておられました。 ぼくが映画記者をしてい …

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

この時期になると、戦争に絡む映画やドラマが多いですね。   前回の『終戦のエンペラー』は国体と歴史に関わる話でしたが、この『少年H』は一家族の物語。   そこに戦争の愚かしさが如実 …

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

39年前、中国でメガヒットした犯罪映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1974年)。 主演の亡き高倉健へのオマージュとしてジョン・ウー監督がオール日本ロケで再映画化した。 © 2017 Media Asia …

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。 あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。 そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾 …

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

最近、目を疲れさせないように試写を1日に1本と決めていますが、今日は連続で2本観ました。   熊切和嘉監督の『私の男』(6月14日公開)と石井裕也監督の『ぼくたちの家族』(5月24日公開)。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。