武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記 映画

さよなら、ありがとう、梅田ガーデンシネマ the Party~!(^^)!

投稿日:2014年4月29日 更新日:

関西のミニシアターの雄として18年間、名作の数々を上映してきた梅田ガーデンシネマ。

 

2月に閉館されましたが、昨夜、「Thank You & Farewell(ありがとう、さよなら)梅田ガーデンシネマ the Party」が開かれました。

 

会場は、なんと大阪港をクルージングするサンタマリア号~!!

 

大阪人でありながら、まだこの船に乗ったことがないんです。

 

だから、ウキウキ気分~♪

 

映画・マスコミ関係者が船内に大勢集まり、終始、賑やかな雰囲気。

 

パーティのバッジがええですね~(^_-)-

久しぶりに再会した人(出目さん!)、日ごろからお目にかかっている人……、いろんな方々と出会え、会話が弾みました。

 

大手新聞社のA記者から、あっと驚く身内話を聞かされたりして、非常に刺激的でしたし……。

 

下の写真は、ガーデンの名支配人、松本富士子さんを囲んでの一枚。

 

黒一点です(笑)

 

 

 酔った勢いで、シネマキャスターの津田なおみさんとツーショット写真も撮れました~!(^^)!

 

ガーデンシネマで興行ベスト5が発表されました。

 

5位 『ジョゼと虎と魚たち』

 

4位 『リトル・ダンサー』

 

3位 『かもめ食堂』

 

2位 『HANABI

 

1位 『ライフ・イズ・ビューティフル』

 

うん、なるほどと納得。

 

実は……、ぼくはガーデンシネマでほとんど映画を観たことがないんです~(*_*;

 

その代わり、上映された作品を試写で観て、いろんなメディアで書かせてもらいました。

 

そのなかで印象深い映画を挙げると――。

 

外国映画では、『JUNO』、『キャデラック・レコード』、『風にそよぐ草』、『オレンジと太陽』、『最初の人間』……。

 

ブルースが好きなので、『キャデラック・レコード』は思い入れがあります。

 

日本映画では、『歓喜の歌』、『ディア・ドクター』、『ジョゼと虎と魚たち』……。

 

やっぱり、『ジョゼ~』はよかったです!

 

しかしなんといっても、ベストワンは『麦の穂をゆらす風』でした。

 

アイルランド独立戦争を背景に兄弟の確執をあぶり出したケン・ローチ監督の入魂の一作。

 

この映画は、まず試写で観て、DVDで再見し、最後はガーデンシネマでしっか脳裏にインプットしました。

 

劇場で観た映画(試写会でしたが)で、心に残っているのがロベール・ブレッソン監督の『白夜』。

 

1971年作の映画のリバイバルでした。

 

学生時代に観た時とはまた違った深みを感じ取ることができ、この監督の感性に酔いしれました。

 

きちんと入場料を払って観た映画では、ポール・マッカートニーがハリウッドのスタジオで実力派のジャズメンとスタンダード曲を録音した『ポール・マッカートニーライブ・キス 2012』が最高でした!!

 

2013年2月19日、なじみのバーでマティーニをひっかけ、ほろ酔い気分でガーデンシネマへ。

 

確かナイト上映だったと思います。

 

最前列のど真ん中に陣取り、極上のサウンドに身を浸すことができ、まさに至福のひと時でした~♪♪

 

パーティの間、時折、デッキに出て、冷気をはらんだ夜の潮風に当たると、ほんにええ塩梅。

 

最後に松本さんの挨拶が胸に染み入りました。

 

心底、この映画館を愛してはったんやと!!!!

 

お土産は、ブルガリのチョコ。

 

なんと小粋な~。

 

松本さん、安福さん、そして元スタッフのみなさん、素晴らしい映画館で働くことができ、ほんとうによかったですね!

 

お疲れ様でした。

 

そして、おおきに、ありがとうございました!!

 

このブログをご覧になった松本さんからコメントがありました。

 

それを補足的に追加します。

 

「サンタマリア号でパーティをしたのは、『映画館』は非日常を味わっていただく空間。
・・・・そこで、やはり映画館の最後のパーティは、ご来場のみなさまに、非日常の時間を味わっていただきたい
という思いで、サンタマリア号での実施となりました」

 

納得、納得~(^^♪

 

 

-日記, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会 しがない脇役俳優を主役が演じる。   この設定だけで興味がそそられる。   不器用な男の恋の顛末。   ツボを押さえた演出が心 …

何とも歪な純愛映画……『彼女がその名を知らない鳥たち』(日本映画)

何とも歪な純愛映画……『彼女がその名を知らない鳥たち』(日本映画)

登場人物が全てクセ者で、嫌悪感すら抱かせる。 そんな泥々とした物語の中で、ピュアな〈無償の愛〉を謳い上げた。 強烈なインパクトを与え、不思議な余韻を残す異色恋愛映画だ。 ⓒ2017映画「彼女がその名を …

新年明けましておめでとうございます~(^O^)/

新年明けましておめでとうございます~(^O^)/

2015年が開幕しました。   明けましておめでとうございます。   ひつじ年ですねぇ。     今年は読売新聞大阪本社を辞めて、ちょうど20年目です。   新聞記者時代が17年間 …

サッカーW杯にみるナショナリズム(?)~

サッカーW杯にみるナショナリズム(?)~

きのうテレビに釘づけになっていた人が多いでしょうね。 サッカーW杯の日本とオランダ戦。 優勝候補と目されているオランダ相手に、よくぞ1点で守り抜きました。 善戦だとぼくは思っています。 ブ~~ブ~~。 …

芯のある青春映画~『君の膵臓をたべたい』

芯のある青春映画~『君の膵臓をたべたい』

意表を突くタイトルで話題になったベストセラー小説(著者・住野よる)の実写映画化。 単なるお涙頂戴モノに終わらせず、生きることを真正面から見据えた、芯のある青春映画に仕上がっている。 ©2017「君の膵 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。