武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

生命の息吹が芽生える、「聖なる中州」の物語~ジョージアの映画『とうもろこしの島』

投稿日:

雪解け水が大量の土砂を運び、大河に中州を作る。

 

小舟を漕いでやって来た老人がそこに「上陸」。

 

そして黙々と土を耕し、トウモロコシを栽培する。

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89

かつてグルジアと呼ばれていたコーカサスの小国ジョージア。

 

その西部を流れるエングリ川が舞台である。

 

一見、のどかに見える。

 

そこはしかし、戦場だった。

 

1991年、ソ連邦からジョージアが独立した。

 

その時、文化、歴史、宗教などが異なる西方のアブハシア自治共和国がジョージアに組み入れられたことから、分離・独立を求めて紛争が起きた。

 

別にこの出来事を知らなくても十分に本作を理解できる。

 

川の両岸で兵士がにらみ合っている状況を頭に入れておけばいい。

 

頑固そうな老人の元に孫娘が手伝いに来る。

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

その子は両親を戦争で亡くした遺児。

 

中州の小屋で祖父と一緒に寝泊まりもする。

 

彼らはアブハシア人だ。

 

やがてトウモロコシが一面に育ち、生命の息吹が充満する。

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97%ef%bc%88%ef%bc%95%ef%bc%89

青々とした葉がキラキラ輝く、その瑞々しい情景がたまらなく美しい。

 

まさに聖なる別天地。

 

ところが時折、銃声が聞こえ、見回りの兵士が立ち寄り、脱走兵が逃げ込んでくる。

 

なのに、そうした不協和音をすぐさま消し去る空気が中州に宿っている。

 

そこが本作の要諦である。

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97%ef%bc%88%ef%bc%94%ef%bc%89

春から秋へと移ろう日々を淡々と捉える。

 

セリフがほとんどない。

 

否、言葉は不要なのだ。

 

なぜなら大自然に身を委ねた営み、つまり普遍的な価値観をギオルギ・オヴァシュヴィリ監督が描いているから。

 

そこには憎悪や殺戮の無意味さ、不条理さをじんわりと実感させる映像力が潜んでいる。

 

人間の存在のちっぽけさを具現化したラストシーンはとにかく圧巻。

 

心が揺さぶらされた。

%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97%ef%bc%88%ef%bc%93%ef%bc%89

併映の「みかんの丘」はこの紛争を異なった角度から見据えた作品。

 

1時間40分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆8日~テアトル梅田で公開

 

(日本経済新聞夕刊に2016年10月7日に掲載。許可のない転載は禁じます)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

2018年 映画ベストテン 【日本映画】 1 『孤狼の血』監督:白石和彌 役所広司、松坂桃李、真木よう子 2 『日日是好日』監督:大森立嗣 樹木希林、黒木華、多部未華子 3 『ごっこ』監督:熊澤尚人  …

イギリス映画『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

イギリス映画『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

C)Yellow Bird Millennium Rights AB, Nordisk Film, Sveriges Television AB, Film I Väst 2009 いまのイ …

死を前にしてどう生きるか~『BIUTIFUL ビューティフル』

死を前にしてどう生きるか~『BIUTIFUL ビューティフル』

スペイン人俳優ハビエル・バルデムって、実に味のある演技を披露してくれますね。 名優だと思います。 この人が一球入魂で打ち込んだのがこの映画です。      ☆     ☆     ☆     ☆    …

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会 しがない脇役俳優を主役が演じる。   この設定だけで興味がそそられる。   不器用な男の恋の顛末。   ツボを押さえた演出が心 …

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

こういう役どころは中井貴一を置いて他にはいませんね。 阿部寛もなかなかシブイ演技を披露していました。 中村吉右衛門は余裕の演技でした。 広末涼子は……???   ☆     ☆     ☆  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。