武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

投稿日:2011年2月22日 更新日:

英国王
© 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
今年のアカデミー賞の発表が来週の月曜日(28日=日本時間)に迫ってきました。
作品、監督、主演男優賞など12部門でノミネートされているのが、このイギリス映画です。
はっきり言って、非常に見応えのある人間ドラマです。
観させます!!
超オススメ!!
フリーペーパーの映画情報リーフレット『シネルフレ(CINE REFLET)』に、本作について書いたぼくのエッセーをどうぞ。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
人間、誰だって何らかのコンプレックスを持っている。
ぼくなんぞ、1つ、2つ、3つ……、わ~っ、8つほどある! 
かといって別段、困ったことはないが、日常業務に差し障りがあるとなると大変だ。
この映画の主人公、英国王ジョージ6世(コリン・ファース)のように〈国家の顔〉ともなれば、なおさら。
かの国王は重い吃音に悩まされていた。
現在のエリザベス女王の父君である。
日本では陰が薄いが、第2次大戦中、首相のチャーチルと共に国民を鼓舞し続けた御仁として英国では今なお人気を誇っている。
公の場やラジオ放送では、王室ならではの威厳と気品ある演説が要求される。
大英帝国の威信もかかっている。
結婚披露宴のスピーチどころではない。
なのにジョージ6世は、聴くのが辛いほど思うように喋られない。
あゝ、致命的。
冒頭のシーンからぼくはハラハラさせられっぱなしで、知らぬ間に口をもぐもぐさせていた。
そんな国王にオーストラリア人の言語聴覚士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)が身分を無視して、対等な関係で施療に当たる。
よほど信念があるのだろう。
その過程で、左利きとX脚を矯正させられた幼少期の苦い体験や家庭環境がトラウマになっていることがわかってくる。
2人は本音をぶつけ合い、次第に友情が芽生えていく。
そこが物語の軸となるが、兄王の「王冠を賭けた恋」のせいでやむなく(嫌々?)王位に就き、戦争に突入するという時代の流れが加味される。
非常に重層的である。
映画はこうでなきゃアカン。
クライマックスとなる世紀のスピーチは、荘重なベートーベンの交響曲第7番第2楽章をバックに流していた。
どうして今から戦うドイツの音楽を使ったのか。
英国のエルガーの楽曲にすればいいものを。
敵を呑み込む? 
いや違う。
耳に障害を持ちながらも偉業を残したベートーベンの姿に重ね合わせたのだ。
ぼくはそう思っている。
深読みかな~。
☆2010年 1時間58分
☆監督 トム・フーパー
☆26日、全国でロードショー

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『孤高のメス』~医の倫理をズバッと直球ストレートで斬る!~

『孤高のメス』~医の倫理をズバッと直球ストレートで斬る!~

CINE REFLET(シネルフレ)ってご存知ですか? 「関西発!! 映画ファンのための感動フリーペーパー」と銘打ち、映画館に置かれています。 カラフルで、とても可愛いフリペですよ。 そこに「武部好伸 …

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

最近、目を疲れさせないように試写を1日に1本と決めていますが、今日は連続で2本観ました。   熊切和嘉監督の『私の男』(6月14日公開)と石井裕也監督の『ぼくたちの家族』(5月24日公開)。 …

17日、テアトル梅田で『ウイスキーと2人の花嫁』のトークイベント~(^_-)-☆

17日、テアトル梅田で『ウイスキーと2人の花嫁』のトークイベント~(^_-)-☆

スコットランドの僻地の島でウイスキーをどっさり積載した貨物船が座礁――。 第二次世界大戦中、実際に起きた海難事故をモデルにしたコメディー映画『ウイスキーと2人の花嫁』が17日から全国で公開されます。 …

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

大阪地検特捜部の主任検事によるデータ改ざん、尖閣諸島沖の中国漁船との衝突事件……、何やらきな臭い出来事が相次いでいますね。 ふたつの事案ともまずは真相究明が先決だと思います。 じっくり腰を据えて、取り …

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

『映画・ウイスキー……エトセトラ in SCOTLAND』 昨日、こんな演題で日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会を務めさせていただきました。 おかげさまで、会場のとよなか国際交流セン …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。