武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 大阪 日記

三島祐一先生、ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿日:

先生と呼べるお方が、またおひとり、黄泉の客になられました。

14523049963850

三島祐一先生。

 

享年、87。

02060101

今日、告別式に参列させてもらいました。

14523942654273

日本近代文学の研究者で、谷崎潤一郎と堀辰雄をご専門にしておられました。

14523942485752

14523942321501

大阪のエッセーも忘れられません。

 

14523086089511

 

四天王寺大学名誉教授、「船場大阪を語る会」の会長。

 

ぼくが日本ペンクラブの会員になった18年前にご縁ができ、ペンクラブの京都例会やその他、文学セミナーなどでお目にかかると、気さくに声をかけてくださいました。

 

大阪・船場は道修町生まれの生っ粋の浪花っ子とあって、ほんまモンの大阪言葉です。

 

「ケルトちゅうたら、ロマンを感じますが、えらい難しおますやろ」

 

「武部さん、こんどはヨーロッパのどこに行きはりまんねん」

 

「ケルトもええけど、大阪の映画の本もまた書きなはれや」

 

ポンポンと軽快に飛び出す言葉に、ぼくはいつも心をくすぐられました。

 

昨年10月の京都例会でも、大阪の行く末について2人して熱っぽく語り合っていました。

 

その時は実に闊達で、まさかその3か月後に鬼籍に入られるとは……。

 

ご著書も贈ってくださり、恐縮していました。

 

元日に拝受した年賀状の添え書きが何ともユーモラスで、しかも飄然としていて、新年早々、ほっこりさせられました。

14523085954390

あの空気感は三島先生ならではです。

 

古き良き時代の大阪を知り尽くし、大阪をこよなく愛された三島先生。

 

ほんまに寂しいです。

 

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

天国からたまに声をかけてくださいね。

 

今日は本戎。

 

オダサクさん(織田作之助)の命日や!

-その他, 大阪, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

新聞の一面コラムに載りました~!!

新聞の一面コラムに載りました~!!

まずは下の新聞記事をご覧ください。 「武部さん、今朝の大阪日日新聞に出てまっせ」と知人から教えてもらい、あわててその新聞を買い求めました。 何か悪いことでも?? 心当たりがないけれど……。 恐る恐る、 …

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

先日、大阪市立中央図書館で、『映画のはじまり、みな大阪』のテーマで講演したばかりですが、3月に一般社団法人(非営利型)大阪自由大学で『大阪の映画文化史』と題して3回にわたってお話しさせていただきます。 …

亡き母親の四十九日&納骨……、写真の数々

亡き母親の四十九日&納骨……、写真の数々

亡き母親の四十九日(満中陰)の法要を昨日(8月19日)、岡山市内の兄夫婦宅で無事、執り行いました。 この日、大阪映画発祥地に関する講演会(南海電鉄主催)が予定されていまして、法事には行けないと諦めてい …

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

25日から公開の『ジョゼと虎と魚たち』。   そのアニメ映画を手がけた制作会社ボンズの南雅彦社長とのインタビュー原稿が、映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で掲載されました。 どうぞご …

トラが負けた翌日……

トラが負けた翌日……

昨夜、甲子園に行きました。 ほぼ2か月ぶり。 友達が都合悪くなったので、業界紙の記者をしている大学の教え子、S・Y君(ゼミ2期生)と一塁アルプスで応援しました。 中日相手に戦った結果は……、もどかしい …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。