武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

不良ジジイと優等生少年との友情~米映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

投稿日:

© 2014 St. V Films 2013 LLC.  All Rights Reserved.

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

老人と子供。

 

年齢差や価値観の違いなどがドラマを生み、絵にもなるので、映画でよく描かれる。

 

最も印象深いのはイタリア映画『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989年)の2人だが、彼らに比肩できる名コンビが本作で生まれた。

 

独居生活をするヴィンセントは典型的なちょい悪ジジイ。

© 2014 St. V Films 2013 LLC.  All Rights Reserved.

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

酒とギャンブルに目がなく、飼い猫とロシア人のストリッパー(ナオミ・ワッツ)以外は誰も寄せ付けない。

 

しかも毒舌家で、偏屈ときている。

 

この男をビル・マーレイが実に生き生きと演じていた。茶目っ気たっぷりで、憎めない人物像を作り、大らかなキャラクターが作風そのものになっていた。

 

もっとも、マーレイはまだ64歳、おじいさんと言うには若すぎるのだけれども……。

 

そんな主人公が、隣家に転居してきたシングルマザーの1人息子オリバー(ジェイデン・リーベラー)の面倒をみることに。

 

それもアルバイトで。

 

金欠と不協和音が絶妙にマッチする。

 

オリバーは12歳の小学生。

 

草食系丸出しだが、とても利発だ。

 

この子役の演技も堂に入っていた。

 

結構したたかで、それでいていじらしく感じさせる仕草が共感を呼ぶ。

 

マーレイとの息もぴったりだった。

 

やんちゃなじいさんが優等生の少年にいじめ撃退法を伝授し、バーや競馬場にも連れて行く。

© 2014 St. V Films 2013 LLC.  All Rights Reserved.

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

© 2014 St. V Films 2013 LLC.  All Rights Reserved.

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

 

未知なる世界に触れ、徐々にこなれていく姿は予定調和的。

 

このまま終わるのは忍びないと思っていたら、やはり隠し味が用意されていた。

 

ヴィンセントの破天荒な生き方の裏に潜む真の優しさ。

 

それを垣間見たオリバーが人間を見る目を養っていく。

 

慈しむように物語を紡ぎ上げ、クライマックスの発表会へと至るセオドア・メルフィ監督の演出はしなやかで手堅い。

 

原題は「聖ヴィンセント」

 

当を得た題名だ。

 

虚勢を張って生きる孤独な男を一番よく理解していたはすっぱなロシア人女性が光っていた。

 

ナオミ・ワッツ、最高~(^O^)/

© 2014 St. V Films 2013 LLC.  All Rights Reserved.

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

人間って愛おしいなぁ。

 

後味抜群です。

 

1時間42分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆TOHOシネマズ梅田ほかで公開中

 

(日本経済新聞2015年9月4日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

      (c)2009「のんちゃんのり弁」製作委員会 今、公開中の日本映画『のんちゃんのり弁』は超オススメです。とくに落ち込んでいる人にはカンフル剤になるかも~。 以下、『うずみ火』(48号)に書 …

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

こんなお爺さんがおれば、オモロイなぁ~(^^♪   クスッと笑ってしまう、そんな映画です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆      …

意味深なタイトルの家族映画~『ハッピーエンド』

意味深なタイトルの家族映画~『ハッピーエンド』

心がざわめく問題作を撮り続けるオーストリアの名匠ミヒャエル・ハネケ監督。 老夫婦の物語『愛、アムール』(2012年)から5年ぶりの新作はブルジョワ家庭に焦点を当て、家族の軋みをあぶり出した。 冒頭から …

「危うい」カップルの痛みを見据える~『オーバー・フェンス』

「危うい」カップルの痛みを見据える~『オーバー・フェンス』

『海炭市叙景』(2010年)、『そこのみにて光輝く』(14年)に続く亡き作家、佐藤泰志(1945~90)の小説を映画化した三部作の最終章。   ぎこちなく生きるカップルの痛みを慈愛の眼差しで …

父娘の絆を濃厚に! 大阪映画『ソウル・フラワー・トレイン』

父娘の絆を濃厚に! 大阪映画『ソウル・フラワー・トレイン』

こんな大阪映画が封切られています。 ドギツイと思う人がいるかもしれませんが、味のあるドラマに仕上がっています。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ (C)ALEWO 古くは「花 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。