武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画の地を訪ねて(5)京都・相国寺瑞春院 ~『雁の寺』

投稿日:2011年9月27日 更新日:

とっくに済んでしまいましたが、9月8日は帰雁忌。
作家・水上勉さんの没日。
今年は7回忌ですね。
下の原稿に面白いエピソードを載せています。
    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
『五番町夕霧楼』(1963、80年)や『飢餓海峡』(64年)など映画化された水上作品の中で、ぼくが一番印象を受けたのが『雁の寺』(62年)だった。
昭和初期、京都の禅寺、孤峯庵。
初老の住職、慈海(三島雅夫)と若い愛人里子(若尾文子)との情欲の日々が、不遇な修行僧慈念(高見国一)をさらに屈折させ、邪な心を植えつける。
学生時代にリバイバル上映されたのを観て、その衝撃的な内容に打ちのめされた。
そして直木賞受賞作の原作(61年発表)に当たり、またも心を揺さぶられた。
10代後半の若者にはちと刺激が強すぎたようだ。
奇才・川島雄三監督の演出は官能的で鋭い。
しかし冒頭とラストだけをカラーで撮り、襖絵の雁をアニメのように動かすなど、持ち味の遊び心を感じさせ、原作よりもカラッと仕上げた。
物語は、9歳のとき故郷の若狭を出て、臨済宗相国寺派総本山の相国寺塔頭瑞春院(京都市上京区)で小僧になった水上さん自身の体験に基づいている。
画像 004
当時、小説に対する仏教界の反発が強く、映画化は難航したという。
なので、撮影は主に太秦の大映京都撮影所で行われた。
お盆を過ぎた猛暑日の昼下がり、ぼくは瑞春院を訪ねた(2009年)。
門には「雁の寺」の表札。
画像 008
玄関に入ると、いきなり雁の絵の衝立と向き合った。
その右手の本堂で、金泥襖に描かれた母子鳥が迫ってきた。
「これ、孔雀なんです。仏壇におっぱん(お仏飯)をあげるとき、水上さんがいつも見ていたそうです」
住職の母、須賀キヌヨさん(77)が笑みを浮かべた。
明治・大正期の画家、今尾景年の作。
画像 071
「雁の寺」の名に恥じず、奥の間に見事な雁の襖絵(同時期の上田萬秋筆)があるが、小僧はそこに入れなかった。
孔雀の母鳥を見た水上少年は故郷の母を偲び、それを雁と思い込み小説に生かしたらしい。
修行に堪え兼ねた水上さんは13歳でこの寺を脱走し、臨済宗天龍寺派の等持院(同市北区)で17歳まで勤めた。
『雁の寺』の映画化決定後、水上さんは後ろめたさを抱き、川島監督らスタッフを伴って瑞春院を再訪。
その時、思い違いに気づいたという。
「雁ではなく、孔雀だった……」と。
寺の得も言われぬ清楚な佇まいに心が和んだ。
表に出ると、真夏の陽光に目がくらみ、同時に映画のワンシーンが脳裏に浮かんだ。
ラスト近く、襖絵の母雁の部分が慈念の手で破られたのを知り、里子が絶叫する場面。
「雁がいぃひん、いぃひん」
原作にないこの京都弁の台詞を、ぼくは無意識に口の中で反芻していた。
(読売新聞2009年9月8日朝刊『わいず倶楽部』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』

ドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』

「大勢の国民に選ばれたなら、国民と同じ暮らしをすべきです。特権層ではなくてね」 「大富豪のように800億ドル持ってたら? 騙されないように必死に警戒するでしょう。でも、所詮、それだけの人生」 人口34 …

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』座談会

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』座談会

昨日(12月1日)は「映画の日」でした。   『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』   こんなテーマで、夕方から天六(天神橋筋六丁目)にある映画文化の発信地、ブックカ …

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

映画配給会社の試写室にはいろんな人が来はります。 新聞社の映画担当記者、浜村淳さんに象徴されるタレント、放送、雑誌、ネット系の映画担当者、映画ライター、その他映画業界の関係者……。 そんな中で異色な人 …

ほほ笑ましい大阪映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』

ほほ笑ましい大阪映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』

(C)2014「円卓」製作委員会   こんな大阪映画もええですね~(^^)/   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆   「じゃりン子チエ」や「プリンセス …

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

25日から公開の『ジョゼと虎と魚たち』。   そのアニメ映画を手がけた制作会社ボンズの南雅彦社長とのインタビュー原稿が、映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で掲載されました。 どうぞご …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。