武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

投稿日:

 ©SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014


©SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014

 

死んだはずの人物が生きていた。

 

ドラマでたまに使われる設定だが、それを存分に活かし、夫婦再生の心理劇に仕上げた。

 

絶滅収容所を生き延びたユダヤ人の戦後を見据えた映画としても見応えがある。

 

『東ベルリンから来た女』(2012年)で東西冷戦時の東独の一断面をシャープに切り取ったクリスティアン・ペッツオルト監督の新作。

 

本作でもドイツの過去を直視する。

 

アウシュビッツ収容所に連行され、奇跡的に生還したユダヤ人の妻ネリーがドイツ人の夫ジョニーと再出発する物語。

 

といっても一筋縄ではいかない。

 

ネリーは精神的な打撃だけでなく、顔にも大ケガを負っていた。

 

もはや生気を失くし、死霊のよう。

 

夫が自分を裏切ったという疑念があり、会いに行く気にすらなれない。

 

そんな彼女にある瞬間、変化が訪れた。

 

今やスタンダード曲として知られる『スピーク・ロウ』を聴いた時だ。

 

愛する人を待ち続ける気持ちを込めた歌に心が動かされ、夫との再会を決意する。

 

音楽の使い方がことのほか巧い。

 

ここからが本筋だ。

 

傷を修復し、顔が別人のようになったネリーと経済的に苦しむジョニーとの想定外の出会いが用意されている。

 

種明しはできないが、彼女が自分自身の替え玉を演じる展開には驚かされた。

 

ヒッチコックの『めまい』(1958年)を彷彿とさせる場面を盛り込み、浮遊するように物語が綴られる。

 

ミステリータッチで引き込ませる演出は見事だ。

 

いつジョニーが彼女を妻と気づくのか、いや、ひょっとしたら知っているのかもしれない。

 

曖昧なまま、ネリーが徐々にかつての自分に似てくるところがミソ。

 

それが生きる証しとなる。

 

夫を見つめる眼差しの何といじらしいこと。

 

ただならぬ緊張感の中で醸し出される切なさと哀しみがたまらない。

 

ラストの『スピーク・ロウ』には泣けた。

 

1時間38分

 

★★★★(見逃せない)

 

【公開表記】 8月29日(土)~ テアトル梅田、京都シネマ

 

9月12日(土) シネ・リーブル神戸 にて公開

 

【配給】     アルバトロス・フィルム

 

(日本経済新聞2015年8月28日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

やはり見ごたえのある映画だった。   家族と社会を見据えるこの監督の眼差しは鋭い。   秀作です~(^_-)-☆   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆  …

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpo …

「大阪の映画を語る!」~日本映画連続講座2011

「大阪の映画を語る!」~日本映画連続講座2011

今月30日(日)、大阪マラソンが開催されますね~。 抽選漏れで出場できなくなったぼくは、まさにその日、大阪城近くの大阪歴史博物館 NHK大阪放送局と同じ建物)で、『大阪の映画を語る!』と題して講演する …

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の絡みで、明日、MBSラジオの人気生ワイド番組『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します。 午前10時5分から15分程度。 ごく …

心の闇を容赦なくあぶり出す~日本映画『怒り』(17日公開)

心の闇を容赦なくあぶり出す~日本映画『怒り』(17日公開)

信じることの難しさ、増長する不信感、信じられなくなった時のやるせなさ(罪悪感?)。   対人関係の根底を揺るがすテーマにミステリー仕立てで斬り込んだ。   心の闇に容赦なく迫る映像 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。