武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ある日突然、地獄へ突き落とされる~オスカー受賞作『それでも夜は明ける』

投稿日:2014年3月9日 更新日:

先日、発表されたアカデミー賞の作品賞を受賞した映画です。

 

厳しい物語ですが、観ておきたいです。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

© 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

奴隷制度。

 

米国の負の歴史に鋭く切り込んだ。

 

こんなおぞましい出来事が実際にあったのかと驚いた。

 

絶望的な状況下、希望の灯を絶やさず、必死に生き抜いた主人公の熱き気概に胸が打たれる。

 

リンカーンの奴隷解放宣言が出される前の1841年。

 

「自由黒人」として北部の町で妻子と幸せに暮らしていたバイオリン奏者ソロモン・ノーサップが興行主に騙され、奴隷に売られる。

 

そして12年間も南部の農園で酷使され続けた。

 

この悪夢の体験を綴った本人の回想録をアフリカ系英国人スティーヴ・マックィーン監督が使命感を持って映画化した。

 

米国人監督ならここまで踏み込めなかったと思う。

 

善良な市民がある日突然、財産、身分、名前を奪われ、地獄に突き落とされる。

 

しかも知性と教養があるだけに、かえって素性を明かせない。

 

その筆舌し難い苦しみを、主演のキウェテル・イジョフォーが高潔さと気品を醸し出し、ソロモンを今に甦らせた。

 

観ているうち、状況は違えども、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を思い浮かべた。

 

ただ、寒々しい強制収容所とは異なり、農園の風情はいたってのどか。

 

冷酷な農園主エップス(マイケル・ファスベンダー)に弄ばれる奴隷女パッツィー(ルピタ・ニュンゴ)が葉っぱで人形を作る場面は牧歌的にすら思えた。

 

だからこそ白人が振る舞う所業の陰湿さが際立つのだ。

 

とりわけソロモンが長時間、木の枝に吊るされるシーンは強烈だった。

 

その周りでみな普通に仕事しており、子供たちが遊んでいる。

 

見て見ぬふり。

 

現代社会にはびこる無関心さと重なり、体が固まった。

 

人道的に決して許されない世界。

 

映画はそれを告発するのではなく、事実をぐいぐい突きつける。

 

目を背けず、真摯に受け止めたい。

 

2時間13分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆全国で公開中

 

(日本経済新聞2014年3月7日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます! 今年も、これまでと同じように「好きの力」を生かし、前向きに歩んでいこうと思っています。 元旦からさっそく仕事でした。 湊町のFM大阪まで歩いて行き、深夜番組『「なにわ …

日経新聞「映画万華鏡」の最後の原稿~『記者たち~ 衝撃と畏怖の真実』

日経新聞「映画万華鏡」の最後の原稿~『記者たち~ 衝撃と畏怖の真実』

大量破壊兵器の保有――。 2003年のイラク戦争開戦の真相を徹底的に追い求め、その事実がないことを報道し続けた記者たちの実像。 政府発表を鵜呑みにせず、権力の監視を貫いたジャーナリスト魂に胸が打たれる …

忘れ得ぬラストシーン~ときめきシネマ・ワールド(12月8日)

忘れ得ぬラストシーン~ときめきシネマ・ワールド(12月8日)

映画の締めとなるラストシーン。   名作といわれる映画は、どれもラストシーンにこだわりを見せています。   極めつけといえば、『第三の男』(1949年)。 ウィーンの中央墓地でカメ …

人生バンザイ、ウイスキーバンザイ!!~『天使の分け前』

人生バンザイ、ウイスキーバンザイ!!~『天使の分け前』

明日から素晴らしい映画が公開されます!!   ウイスキー好きの人、そうでない人も、この映画は何か生きるヒントを与えてくれますよ(^o^)v   熱い原稿を書きました。   …

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

今日は雨。 これで桜が散ってしまうのでしょうね。 儚げ……。 散りゆく桜花を目にすると、いつも切なく思ってしまいます。 桜と言えば、『細雪』。 3年前、芦屋川を散策し、こんなエッセーを記しました。   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。