武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 日記

2か月ぶりに戻ってきたぼくの腕時計……。

投稿日:

2か月ぶりに腕時計が戻ってきました~!!

14404825552660

といっても、紛失とか盗難の被害に遭ったりしたわけではありません。

 

電池交換しただけなのに、こんなに時間がかかってしまった~(>_<)

 

その顛末を――。

 

6月26日、時計が止まったので、大阪・肥後橋界隈にある某時計修理店に行ったら、店主のおじさんが「体調がすぐれないので、しばらく店を閉めます。時計は宅急便でお送りします」。

 

10分もあれば交換できるのに、おかしいなぁと思いつつ、その言葉を信じたのが失敗でした。

 

何でも、その人は電池交換ができないようで、外部の業者に任せているらしい。

 

それで、よぉ時計修理の看板を堂々と出してはるわ!!

 

まぁ、急いでいないし、他にも時計があるのでええかと……。

 

で、こちらの連絡先を教え、電池代(税込みで1080円)を支払いました。

 

その後、一向に時計が届かないので、数日後、店に行くと、シャッターが降りていました。

 

「やっぱり閉めてはるんや」

 

そこで注文伝票に書いてある携帯電話に連絡したのですが、なかなか繋がらない。

 

えっ~、なんでやねん!!??

 

だいぶ経ってから、返信の電話があり、「体調不良で、閉店するになりました。しばらく慌ただしくなります。すみませんが、1週間後、店に取りに来てください」と。

 

入院するとも聞いたので、仕方がない。

 

まぁ、こんなこともあるか……。

 

そして1週間後、店に行ったら、あろうことか、「時計をもってくるのん忘れました」。

 

アホか~!!!

 

店主は「宅急便で送らせてもらいます」と平謝り。

 

グッと怒りを抑え、「じゃあ、仕事でドイツに行くので、出発日(7月27日)までに送ってください」と念を入れたのに、またもや届かない~(>_<)

 

携帯に電話するも、留守電ばかり。

 

やっと繋がり、「どないなってるんですか」と質すと、「すみません」しか返ってこない。

 

「謝ってばかりせず、事情を説明してください」と言うと、黙り込む。

 

何やねん、この人は。

 

もう1か月経過している…。

 

アンビリーバブル!!

 

帰国後(8月9日)に必ず送るよう確約し、旅行に出かけました。

 

しかし帰国してからも、依然、未着。

 

ひょっとしたら、時計をなくしているのでは?

 

あるいは壊してしまったのでは?

 

そのままトンズラしたのか~??

 

嫌な予感を抱きながら、何度も連絡したのですが、全く通じない。

 

くだんの時計はSEIKOのクォーツ腕時計。

 

そんな高価な代物ではないんですが、シンプルなデザインで、35年間、好んで使ってきたので、すごく愛着があるんです。

 

よっしゃ、こうなったら消費者センターに相談するか、警察に被害届を出そう!!

 

そう決断したとき、向こうから電話がありました。

 

「電話に出られない状況にあり、すみませんでした」

 

すみませんが口癖みたい。

 

「ぼくの時計を早く返してください。ちゃんと手元にあるんでしょうね? 返してくれないのなら、被害届を出しますから!」

 

目いっぱい怒りをぶちまけたら、さすがに驚いた様子で、「すぐに宅急便で送ります~!」。

 

「宅急便はいいです。自宅に持ってきてください。それが最低限やるべきことでしょ!!」

 

「わかりました」

 

そうは言うものの、その時計を、閉めた店(今は別のオーナーが経営しています)の金庫に保管してもらっているので、もうちょっと待ってほしいだのとウダウダ言い出す始末。

 

ほんまに、ほんまに堪忍袋の緒が切れた今朝になって、ようやく自宅に持ってきてくれました。

 

やれやれ。

 

てっきり、菓子折りひとつくらい手にして、お代はお返しします~と言うのかなと思ったら、「すみませんでした」ばかり。

 

いかなる事情があれ、お客さんにこんなに迷惑をかけるなんて、とんでもない~!!

 

もう、呆れてしまった。

 

70歳を超えた白髪の男性。

 

いろんな人生経験をt積んできたであろう人なのに、ましてや人様相手に商売をしてきた人なのに、社会常識・分別を全くわきまえていない。

 

ほんまに情けない人やと思いました。

 

「あなたがぼくの立場やったら、どないするんですか。客をこんなに困惑させるなんて信じられへん。ぼくが変な人間やったら、ただではすみませんよ!! わかってるんですか」

 

久しぶりに本気で怒ってしまった。

 

しかしいくら怒鳴っても、頭をピョコピョコ下げるだけ。

 

この人、反省してるんかいな??

 

時計の電池交換をしただけで何でこんな事態になるのか……。

 

参った、参った。

 

まぁ、時計が戻ってきてよかった。

 

これまで以上にいっそう愛着が生まれましたわ。

 

みなさん、時計の電池交換は、その場で即、交換してくれるお店で!!

-その他, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポールウインナーの現状~!?

ポールウインナーの現状~!?

以下の文章、フェイスブックに投稿したら、思いのほか反響がありましたので、ブログでも同じ文面をアップします。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ ポールウインナーって知ってはりま …

お隣さんトリオが自宅をクリーンにしてくれはりました~(^_-)-☆

お隣さんトリオが自宅をクリーンにしてくれはりました~(^_-)-☆

自宅が見違えるほど美しくなりました~‼️ 午前中、女優、山本富士子さんの「粗品」を発見して浮かれていると、玄関のチャイムが鳴りました。 お隣さんトリオ(奥さん、息子さん、娘 …

国立映画アーカイブで喋ってきました!!

国立映画アーカイブで喋ってきました!!

7日から久しぶりに東京出張でした。 2泊3日というのは、本当に久しぶりでした。 仕事+プライベートです。 【1日目】 昼下がりに新幹線で東京駅に着き、まずはドラフト・ギネスで軽く喉を潤しました。 理屈 …

知らぬ間に大晦日。泣いても笑うても今日で終わり

知らぬ間に大晦日。泣いても笑うても今日で終わり

2018年の大晦日。 泣いても笑うても今日で終わり。 目下、本業の執筆に没頭しながら、学生(関大JP14期生)の取材原稿の添削に取り組んでいます。 バタバタ状態のまま年を越してしまいそう~(笑) 今年 …

スコットランドのアンさん、天国へみまかれました

スコットランドのアンさん、天国へみまかれました

愛すべきスコットランド人女性が天国へ旅立ちました。 アン・マン(Anne Munn)さん。 34年前の1988年、古巣新聞社の記者時代に10年勤続の休暇を利用し、妻を伴ってスペイサイドのウイスキー蒸留 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。