武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

復活をめざす男の物語~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

投稿日:

今年のアカデミー賞で4部門に輝いた作品です。

 

異色の内省的なドラマ。

 

見応えありますよ。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

(c)2014 Twentieth Century Fox.

(c)2014 Twentieth Century Fox.

てっきり娯楽作と思いきや、完全に予想を覆された。

 

かつての栄光を今一度とカムバックを果たそうとする男の奮闘劇。

 

それもシュールに、かつシニカルに内面を掘り下げ、純度の高い異色ドラマに仕上げた。

 

リーガン(マイケル・キートン)は20年前、スーパーヒーロー映画「バードマン」の主役として大スターにのし上がった。

 

その後はしかし、鳴かず飛ばず。

 

私生活も破綻している。

 

映画ではなく、演劇に復活をかけるのがミソ。

 

米国の小説家レーモンド・カーヴァーの原作を自ら脚色、演出、主演するというのだ。

 

劇場はブロードウェイ。

 

愛されたいと願い、その愛をどこに求めればいいのか。

 

焦燥感に包まれ、正念場を迎える自身の思いを凝縮させた内容だが、最も舞台化しにくい題材である。

 

『バッドマン』で名を馳せたキートンがわが身に置き換えて演じているのがまた一興だった。

 

必死さを際立たせた熱い気迫の演技には圧倒される。

 

付き人にした元薬物依存症の娘(エマ・ストーン)、共演者の代役になったいけすけない実力派俳優(エドワード・ノートン)、悪魔のごとく主人公に負のオーラを注ぎ込むバードマン……。

 

彼らがリーガンを苛立たせ、物語を深化させる。

 

そこにアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の計算し尽された長回しの映像が見事に融合する。

 

一見、切れ目のないショットが最後までよどみなく続き、否が応でも緊張を強いられる。

 

それが妙に心地よい。

 

このカメラワークには脱帽だ。

 

相次ぐ障害をいかに乗り越え、上演にこぎつけるのか。

 

そこに映画は生きがいとは何かを突きつける。

 

有名になることは虚飾に過ぎないと言わんばかりに。

 

今年のアカデミー賞の作品、監督など4部門を受賞。こんな内省的な映画が評価されるとは……。

 

時代の変遷を実感した。

 

2時間

 

★★★★(見逃せない)

 

☆TOHOシネマズ梅田ほかで公開中

 

(日本経済新聞2015年4月10日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画の地を訪ねて(2) 東京・小石川植物園~『赤ひげ』

映画の地を訪ねて(2) 東京・小石川植物園~『赤ひげ』

  都心のど真ん中にこんな閑寂な空間が広がっているとは……。 小石川植物園(東京都文京区)に足を踏み入れた瞬間、普通の公園とは全く違った緑一色の清澄な空気に包まれ、思わず深呼吸をしてしまった。 正式名 …

『ジョニーは戦場へ行った』……忘れ得ぬ反戦映画

『ジョニーは戦場へ行った』……忘れ得ぬ反戦映画

  めちゃめちゃ厳しい映画!  これまでぼくは数え切れないほど銀幕と向き合ってきたが、心底そう思えたのがアメリカ映画『ジョニーは戦場へ行った』(1973年)だった。 学生時代にこの映画を観たとき、あま …

慰安婦問題にメスを~! ドキュメンタリー映画『主戦場』

慰安婦問題にメスを~! ドキュメンタリー映画『主戦場』

「慰安婦問題」―――。 今や口に出すのがタブー視されているような風潮ですが、決して風化させてはいけない問題だと思います。 全く異なる2つの見解。 はて、どちらが正しいのか? そういう場合、両者の意見に …

なんと黒人刑事がKKKに潜入捜査!~『ブラック・クランズマン』(22日~公開)

なんと黒人刑事がKKKに潜入捜査!~『ブラック・クランズマン』(22日~公開)

ブラック・ムービー(黒人映画)の旗手、スパイク・リー監督が渾身の力を込めて撮った犯罪サスペンス。 約半世紀前の物語とはいえ、人種や宗教で分断が進むアメリカの今を浮き彫りにしている。 この監督初のアカデ …

2月4日、大阪・十三のシアターセブンで、日本映画『ひとくず』の上映後に登壇します~(^_-)-☆

2月4日、大阪・十三のシアターセブンで、日本映画『ひとくず』の上映後に登壇します~(^_-)-☆

昨年、観た映画で最大の拾い物が『ひとくず』でした。 幼児虐待と育児放棄という超シビアな現実をあぶり出した骨太な作品。 大阪出身の俳優、上西雄大さんが監督・脚本・主演の三役をこなしてはります。 ものすご …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。