武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

1970年代を駆け抜けた2人の天才レーサー~『ラッシュ/プライドと友情』

投稿日:2014年2月8日 更新日:

 

(c)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLI TOSSELLFILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED

この映画、観させますよ。 

 

迫力ある映像に圧倒されました!

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

F1史上、語り草になっている2人の天才レーサーの物語。

 

ライバル心を燃え盛らせながら、互いに相手をリスペクトする姿に胸が打たれる。

 

臨場感満点の映像が1970年代の息吹を鮮やかに浮き立たせた。

 

ロン・ハワード監督の渾身の一作だ。

 

自由奔放で享楽的な生き方を貫く英国人のジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)。

 

片や禁欲的で綿密なレース展開を信条とするオーストリア人のニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)。

 

全く対照的なキャラクターだけにドラマを作りやすい。

 

70年のF3サーキットで2人が出会った瞬間から対立の構図が芽生え、あとは次第にエスカレート。

 

私生活を絡ませ、76年に繰り広げられたグランプリを軸に熾烈な闘いを活写する。

 

それぞれに「運命の人」と位置づけ、彼らだけを見据える。

 

他のレーサーの存在は皆無。

 

両者の違いをことさら強調するも、その中で実は共通点がいくつもあることを匂わせる。

 

思ったことをズバズバ言いのける自己主張型の人間。勝つことに対する異常なほどの執念。

 

そして極限への飽くなきチャレンジ精神……。

 

敵愾心が高揚するにつれ、心理的な距離感が狭まってくる。

 

ラウダのマシン(車)がクラッシュし、瀕死の重傷を負ってからが顕著になる。

 

その事故に至る伏線が後半に濃縮されるところが本作の妙。

 

レースの場面が圧巻だ。時速300㌔を超えるスピード感をヘルメットに装着した小型カメラで容赦なくぶつけてくる。

 

さらに30台以上のカメラで撮り続けたというから、リアル感が半端ではない。

 

地響きと爆音が脳髄を心地よく刺激する。

 

彼らの接点はレース上だけ。

 

命を張った男のロマン。

 

時代を駆け抜けた勇姿に理屈抜きに惹かれた。

 

2時間3分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆大阪ステーションホテルほかで上映中

 

(日本経済新聞2014年2月7日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪出身の藤元明緒監督、長編デビュー作『僕の帰る場所』を大阪アジアン映画祭で観ました!

大阪出身の藤元明緒監督、長編デビュー作『僕の帰る場所』を大阪アジアン映画祭で観ました!

大阪で開催中の第13回大阪アジアン映画祭。 初春のイベントとしてすっかり定着してきた感があります。 今年は何かと忙しく、1本しか観れていません。 その1本が昨夜、シネ・リーブル梅田で上映された日本・ミ …

耐える勇気を切々と描いた野球映画~『42 世界を変えた男』

耐える勇気を切々と描いた野球映画~『42 世界を変えた男』

© 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.今季の阪神タイガースはさておき、野球が好きです。 もちろん野球映画も。 米大リーグ史上、欠かせない選手を主人公にした …

『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』、24日(日)、とよなか国際交流センターで!

『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』、24日(日)、とよなか国際交流センターで!

以前にも告知させてもらいましたが……。 『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』(日本スコットランド交流協会関西支部主催)。 こんなタイトルで、脱線しまくりながら(笑)、お話しします …

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

大阪・中之島のリーガ・ロイヤルホテルの公開講座『シネマへの誘い~映画を10倍楽しむ』も、いよいよ28日が最終となります。 テーマは『私が選んだラブ・ロマンス映画ベスト10』。 あえて最近の作品を外し、 …

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

ミュンヘン大学での白バラ抵抗運動、ヒトラー暗殺未遂事件……。 第二次大戦中、ドイツ国内での反ナチ活動を題材にした映画が少なからず作られてきた。 その中で、市井の民を主人公にした本作は異色作といえよう。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。