武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

人生、楽しんでナンボ! 中国映画『グォさんの仮装大賞』

投稿日:2014年1月14日 更新日:

© 2012 Desen International Media Co.,Ltd

この映画、小品ですが、ええ味を出しています。

胸にジーンときました~(*^^*) 

   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

日本だけでなく、お隣の中国でも大きな問題になってきた超高齢化社会。

その現状を踏まえ、人生最後の輝きを求めて炸裂させるお年寄りパワーを爽やかに描き上げた。

コミカル風味で包み込んだ人情ドラマだ。

監督は『こころの湯』(2001年)や『胡同(フートン)のひまわり』(06年)で家族のふれ合いをノスタルジックな映像の中で紡ぎ出したチャン・ヤン。

本作でもその作風を崩さず、家族のあり方を直視する。

妻を亡くし、老人ホームに入所したグォ(シュイ・ファンシャン)は家族から見放され、生きる希望を失っている。

この手の映画でよく見られるクセのある主人公とは違って、いたって平凡。

むしろ地味な男だ。

そんな彼の友人で、ホームのリーダー的存在のチョウ(ウー・ティエンミン)が人気テレビ番組「仮装大賞」への出場を提案する。

みな乗り気。

1人拒み続けていたグォもいつしか「変身」に夢中になる。

その様子を、ユーモラスな練習風景を絡ませながら綴っていく。

病気、過去のしがらみ、疎遠になった家族への思い、死への恐怖。

誰もが抱える重石を払拭するかのように無邪気にはしゃぐ姿は実にほほ笑ましい。

ベテラン俳優のいぶし銀の味が光る。

自然体。

それでいて独特なトーンを銀幕にかもし出す。

仮装の演技は文句なく巧かった!

グォと絶縁状態にある息子との確執が物語の軸となる。

そこに孫を介在させた。

監督の志向性とはいえ、その展開はやや陳腐に思えた。

一ひねりほしかった。

ホームを集団脱走し、おんぼろバスに乗ってひのき舞台へと向かう終盤が寓話的で面白い。

© 2012 Desen International Media Co.,Ltd

青空の清澄さと草原の開放感。

老人たちの眩い表情が目に焼き付く。

生きることは楽しむこと。

それを飾り気なくストレートで伝える。

このわかりやすさが心に響いた。

1時間44分

★★★(見逃せない)

☆大阪・シネマート心斎橋で公開中

以降、順次公開、京都みなみ会館、神戸・本町映画館

(日本経済新聞2014年1月10日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウェイズニュース)」に拙稿が載りました~(^_-)-☆

朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウェイズニュース)」に拙稿が載りました~(^_-)-☆

朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウィズニュース)」にぼくのエッセイが載りました。 写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』への想いを綴ったものです。 大阪・ミナミの映画街の絵 …

こんな生き方も……英国映画『ミス・シェパードをお手本に』

こんな生き方も……英国映画『ミス・シェパードをお手本に』

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Righ …

北アイルランド紛争を凝縮させた映画『ベルファスト71』

北アイルランド紛争を凝縮させた映画『ベルファスト71』

映画ファンのための感動サイト、シネルフレ(cinereflet)に『武部好伸のシネマエッセイ』のコーナーを作ってもらい、毎月、お気に入りの映画を好き放題に書かせてもらっています~(^_-)-☆ &nb …

児童移民の実態に迫る~イギリス映画『オレンジと太陽』

児童移民の実態に迫る~イギリス映画『オレンジと太陽』

なかなか骨太な社会派の映画が公開されます。 『オレンジと太陽』 オススメです。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 児童移民。 子供を強制的に海外へ移送すること。 民主国家を …

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などテレビドラマ化が相次ぐ作家、池井戸潤の原作で初の映画化作品。 企業の不正にメスを入れた娯楽作に仕上がった。 逆転劇が実に爽快だ。 ©2018「空飛ぶタイヤ」製作 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。