武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

三谷映画の真骨頂!?~『ステキな金縛り』

投稿日:2011年10月28日 更新日:

日常のモヤモヤを忘れるのにうってつけの映画が、明日から公開されます。
三谷幸喜がメガホンを取った『ステキな金縛り』。
こんな映画です。
拙文をどうぞ~。
    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
ステキな金縛り
2011 フジテレビ 東宝
喜劇作家、三谷幸喜の映画監督5作目。
法廷劇、ミステリー、ホラー、ファンタジーをお得意のコメディーで包み込み、何とも奇想天外な作品に仕上げた。
遊び心を存分に盛り込んだ寓話として見れば、楽しめる。
妻殺しの罪で起訴された男がアリバイを主張し、無実を訴える。
事件当時、山中の旅館で金縛りに遭っていたというのだ。
それを立証すべく、女性弁護士エミ(深津絵里)が宿に出向くと、成仏できなかった落ち武者、更科六兵衛(西田敏行)が姿を現す。
金縛りを起こした張本人だ。
戦国時代の幽霊を証人として法廷へ。
かくしてエミの奮闘が始まる。
バカバカしいストーリーだが、たたみ掛けるような展開と話の紡ぎ方、さらに間合いが絶妙で、ぼくはいつしか三谷ワールドに引き込まれた。
ダメ弁護士のエミと情に厚く、人のいい六兵衛とのやり取りがおかしい。
この幽霊が現代社会になじむにつれ、彼女が輝いてくる。
深津と西田。
“変化球”を次から次へと繰り出す2人の俳優の演技が見ものだ。
超常現象を否定する堅物のエリート検事(中井貴一)、六兵衛の研究家(浅野忠信)、風変わりなエミの上司(阿部寛)……。
三谷映画の特徴は登場人物の個性を目一杯、誇張するところ。
本作ではさらに拍車がかかったが、類型的なキャラクターになったのは否めない。
彼らが一堂に会する法廷の場面がクライマックスとなる。
そこはまさに舞台空間。
カット割りを多用するなどこだわりが見られる。
いや、捻くりすぎたか。
それでも結末に向けてドラマを徐々に昇華させていく演出はなかなか手堅い。
10年以上前からの企画とあって、あれこれと詰め込み、やや欲張った感がしないでもない。
しかし豪華キャストによるこじゃれた笑いがそれを忘れさせてくれた。
2時間22分。★★★
☆10月29日(土)全国東宝系にてロードショー
(日本経済新聞2011年10月28日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

ぼくが初めて脚本を書いたプロモーション・ムービー『映画の街・なんば』(制作:戎橋筋商店街振興組合)が完成し、YOUTUBEでアップされています。 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を題材にし、〈日本 …

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

こんな骨太なジャーナリストがお隣の韓国にいるとは知らなかった。 政権批判の報道をしたことで不当解雇された公営放送局MBCのプロデューサー、チェ・スンホさんが独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、政権 …

イーサン・ホークがチェット・ベイカーになり切った映画『ブルーに生まれついて』(20日公開)

イーサン・ホークがチェット・ベイカーになり切った映画『ブルーに生まれついて』(20日公開)

  1950年代後半、絶大な人気を博した白人トランペット奏者チェット・ベイカー。 中性的なボーカルを聴かせた軽めのジャズをたまに聴くと、ほんに心が和らぎますね~(^_-)-☆   …

音楽はバトルだ~!! 『セッション』

音楽はバトルだ~!! 『セッション』

この映画はとにかく観てほしいです。   参りました!!   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RI …

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

たまにはこういうシブい映画もいい。 ぼくは大好きです。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 仰々しい邦題から壮大な歴史スペクタクルを想起するかもしれない。 本作はそれを心地よ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。