武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 日記

映画『おくりびと』の原作者、青木新門さんの講演

投稿日:2013年11月10日 更新日:

大阪・池田市にある正福寺の住職として大奮闘している大学時代の友人がいます。

末本さん。

仏教(浄土真宗)のイロハを広め、地域との交流を本気になって図ってはります。

それが多目的ホール「ナムのひろば文化会館」として結実しました。

ちょうど1年前のこと。

同会館の設立1周年記念の特別講演会がきょうありました。

演者は青木新門さんです。

2008年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いた『おくりびと』の原作者。

原作は1993年に自費出版された『納棺夫日記』。

40年間、納棺師をしてはるんです。

『いのちのバトンタッチ~映画「おくりびと」に寄せて』と題し、映画の主演もっくん(本木雅弘)との関わり、映画化へのプロセス、納棺師の実際の仕事、映画との違いなどを自身の生い立ちから今日までの歩みを振り返りながら、熱っぽく話してくれはりました。

めちゃめちゃ雄弁で、びっくりしました。

おそらく数え切れないほど、このテーマで講演してはるのでしょうね。

時々、笑いを取ってはりまして、サービス精神も満点でした~(^o^)v

最後に、死と向き合うことの大切さを訴えてはりました。

昨今、臨死の機会がほとんどないことを嘆いてはりましたね~。

人は死ぬと、死後硬直が起きるので、顔つきがコロッと変わるらしいです。

だから、「大事な人が亡くなる時に必ず見送ってあげてください。どんな方でも本当に穏やかな顔をされています。葬式でお棺で見る顔とは全くちがいます」と何度も言うてはりました。

納棺師だけに、すごく説得力がありましたな~。

普段は、死を意識したことはありません。

それゆえ、きょうのお話は心にビンビン響きました。

-その他, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ザ・NINJA・クイズ』、最後の「番外編」

『ザ・NINJA・クイズ』、最後の「番外編」

読売新聞奈良版でうちの嫁さんが19年間続けてきた『ザ・NINJA・クイズ』。 2週間前、連載が450巻で終わることを投稿しましたが、その「番外編」(22日付け)の掲載紙が先ほど奈良支局から郵送されてき …

福島原発、かなりヤバイです~!

福島原発、かなりヤバイです~!

福島原発で、3号機、1号機に次ぎ、2号機でも重大なトラブルが発生しています。 14日午後11時の段階で、燃料棒が全て露出していると発表があり、またまた戦慄が走りました。 一刻も早く海水を再注入して、燃 …

画家、川口紘平さんの素敵な作品たちに囲まれ、何ともご機嫌な夜でした~(^_-)-☆

画家、川口紘平さんの素敵な作品たちに囲まれ、何ともご機嫌な夜でした~(^_-)-☆

大阪を拠点に創作活動に励んでいる画家の川口紘平さん。 ジャズ・ボーカル&ピアニスト藤井美穂さんのファースト・アルバムの制作でご縁ができたのを機に、川口さんの作品にぞっこん惚れ込みまして、過日、ぼくのた …

新世界でパリの哀愁を~街頭オルゴール

新世界でパリの哀愁を~街頭オルゴール

きょうから3が日、「えべっさん」です。 今宮戎神社はかなりの人ごみでした。 遠くの賽銭箱にコインを投げ入れましたが、果たして到達したのかどうか。 参拝のあと、近くの通天閣に登ってビリケンさんにお参りし …

あゝ、シャガール……。

あゝ、シャガール……。

彼岸の中日。 今年の春分の日は、風は冷たいけれど、好天に恵まれました。 午前中、生駒にあるお墓にお参りし、その帰り、難波の高島屋で開かれている『シャガール展』(きょうが最終日)を観てきました。 鶏、ヤ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。