武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

さらば、愛おしい隣人のイタリア人~♪

投稿日:2011年9月25日 更新日:

DVC00020
3年間、隣人だったイタリア人のアントニオさんが母国へ帰国することになり、今夜、うちの近所のチャイニーズ・レストランで「送別会」がありました。
ふつうは送る側がホスト役になるのですが、「日本にいる間、お世話になりました」と逆にこちらが招かれる立場になってしまいました。
写真では、おなじ背丈に見えますが、アントニオさんは190センチほどもある長身です。
いつも笑みを絶やさず、片言の日本語で精一杯、あいさつしてはりました。
イタリア人というと、陽気で明るいイメージがありますが、隣人さんはとてもシャイで礼儀正しいジェントルマンでした。
エストニア人の奥さんシグネさんは、生後10か月の女の赤ちゃんラウラちゃんと一緒に、震災後、ひと足先にヨーロッパに帰ってはりましたので、これでようやく一家水入らずの暮らしができます。
寂しいですが、向こうでハッピーな家庭を築いてください~!!
アントニオ、あなたのことは一生、忘れません。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

華やぐ大学のキャンパス~♪

華やぐ大学のキャンパス~♪

春爛漫~♪ 桜花が咲き誇り、その下を学生たちがそぞろ歩く。なんともたおやかな空気に包まれた関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市)。そこに一歩、足を踏み入れた瞬間、別世界に来たような気分に浸りました。 …

「カンちゃん」と名づけました~♪

「カンちゃん」と名づけました~♪

きょうも動物で恐縮です。 関西大学社会学部前のキャンパスで、よく見かけるニャンコ。 いつもゴロリと横たわっているんですよ。 おそらく野良ネコだと思います。 その割には品があるので、元々、飼いネコだった …

京の名刹、『雁の寺』を訪ねて~

京の名刹、『雁の寺』を訪ねて~

あす9月8日は作家、水上勉さんの命日「帰雁忌」です。亡くなられてから、もう5年になります。 どうして「雁」の字がついているのかというと、水上さんが作家としてその地位をきずいた直木賞受賞作の『雁の寺』( …

新しいギターを買いました!! GIBSON-J160E~♪♪

新しいギターを買いました!! GIBSON-J160E~♪♪

日本のフォークギターの草分けといわれるYAMAHA FG-150を2年前に買って、毎日、弾きまくっています。 継続は力なり。 自分でも驚くほど腕が上達してきました。 病み付き状態です。 そうなると、も …

72回目の敗戦の日……。

72回目の敗戦の日……。

ソ連兵の顔が見えるソ満国境(中国東北部)で守備隊を務めてたんや。 向こうの兵士、まだ幼かった。 こっちも20代前半やったけど。 凍傷におびえながらその酷寒の地で2年ほど駐屯していたら、いきなり九州の宮 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。