武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他

歌舞伎……、悠長さが何とも心地よい~♪

投稿日:2010年5月6日 更新日:

歌舞伎
長いGWが終わり、きょうから日常がスタート。なかなかエンジンがかかりませんが、まぁぼちぼちやっていきましょう。
きょうは、本当に久しぶりに歌舞伎を観に行きました。
大阪・道頓堀の松竹座で上演中の團菊祭五月大歌舞伎。
團菊とは、言わずもがなですが、江戸歌舞伎を代表する市川團十郎と尾上菊五郎のことです。
出し物は、『本朝廿四考(ほんちょうにじゅうしこう)』、『京人形』、『髪結新三(かみゆいしんざ)』。
最後の『髪結新三』は、いつの時代にも悪がはびこるんやな~と改めて実感させられました。
菊五郎の小悪党ぶりが光っていましたよ。
大学2年生のとき、今は跡形もない道頓堀の中座で歌舞伎を初めて観て以来、折に触れて、舞台に接してきました。
生粋の浪花っ子とあって、やはり上方の世話物が大好きです。
歌舞伎を観るといつも思うのは、えらい悠長な世界やな~ということ。当たり前ですが。
何でもますますスピードアップ化されるこの時代に、なんとまぁゆったりとした……。
その中でとことんごだわって「様式美」を追求しています。
江戸時代はやっぱりのんびりしていたんやな~と思います。
歌舞伎が生まれたころは庶民の芝居でしたが、いつしか高尚な舞台芸術へと変質してきました。
何だか“特権的”な演劇……。
西洋のオペラもよく似ていますね。
年月が経つと、たとえどんなに通俗的なものであっても、権威的になってくるものです。
それがちと鼻につくのですが、歌舞伎とか文楽とか、いわゆる古典芸能は、時代がどう変わろうが、頑なにペースと伝統を守り続けているところに、ぼくは文化を感じます。
だからこれからも歌舞伎を観続けていこう。
歌舞伎を堪能できるのは、心にゆとりがあるから。
そんなことを考えながら劇場を出ると、不思議と歩調がゆったり、ゆったりとしていました~♪♪

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

へしこの恵みカレー~福井大学のオリジナル!!

へしこの恵みカレー~福井大学のオリジナル!!

このカレー、売れるかな~(^_-)-☆ 福井大学の先生が開発した「へしこの恵みカレー」。   「へしこ」は、サバに塩を振って糠漬けしたもので、若狭地方の特産物です。   その糠を再 …

盲導犬チャリティコンサートの前売り券について

盲導犬チャリティコンサートの前売り券について

先日に引き続き、盲導犬チャリティコンサートの告知です。   前売りは3000円になっていますが、ぼくに声をかけていただければ、半額の1500円でチケットをお渡しします~!!   視 …

還暦を迎えました~(^_-)-☆

還暦を迎えました~(^_-)-☆

今日は誕生日。   気がつけば、60年も生きてきました。   ほんま、あっという間。   還暦です。   でも、赤いチャンチャンコは着ません(笑)   Facebook、Line、メールなどで多くの祝 …

人間も金属疲労が出てからがホンモノである

人間も金属疲労が出てからがホンモノである

「人間も金属疲労が出てからがホンモノである」   作家、田辺聖子さんのエッセー集『人生は、だまし  だまし』(角川文庫) 彼女オリジナルのひと味違ったアフォリズム(箴言、金言、名言、知恵の言 …

「忘れられた戦争」の終結から100年~

「忘れられた戦争」の終結から100年~

「忘れられた戦争」……。 こう呼ばれる第一次世界大戦の終結から100年を迎えました。 「ケルト」の取材でヨーロッパ各地の田舎に足を向けると、どんな小さな町や村でもこの大戦で命を失くした戦没者慰霊碑を見 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。