武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑 幻の民ピクト人を追って』

投稿日:2013年7月18日 更新日:

新刊がようやく今月末に出ます!!
 
 
幻想的な表紙の写真、めちゃ気に入っています~(^o^)v
 
残念ながら、ぼくが撮ったものではありません。
 
この本の装丁をしてくださったデザイナーが巨石好きで、素敵な写真をいっぱい撮影していたので、その中からピックアップしたものです。
 
昨年10月に脱稿したのですが、「紀行本は今、“冬の時代”」と複数の出版関係者からアドバイスを受け、心機一転、今年の正月から原稿の全面書き換えに着手しました。
 
従来の方法(書き方)を変えるって結構、勇気が要りますねぇ~。
 
正直、半泣きになりました(笑)。
 
いや、本泣きになったこともしばしば……。
出版社は、ぼくの「ケルト」紀行シリーズ(彩流社)をずっと担当し、気心の知れた編集者が独立し、設立したところです。
 
ともあれ誰も書かなかったスコットランドの本が仕上がりました。
 
やれやれ~。
 
21日~8月6日は、「ケルト」の取材でポルトガルに行くので、帰ってから、PR活動に励みます。
 
イェーツ(^o^)v(^o^)v

-ケルト,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新著『大阪「映画」事始め』の現物が届きました~(^O^)/

新著『大阪「映画」事始め』の現物が届きました~(^O^)/

今日、出版社(彩流社)から、大阪「映画」事始め』の本を受け取りました!   出来立てのホヤホヤ。   熱いです~(笑)    

この非常時、書店の果たす役割とは?? 昨日、隆祥館書店で討論会がありました。

この非常時、書店の果たす役割とは?? 昨日、隆祥館書店で討論会がありました。

昨日、大阪・谷町六丁目にある町の本屋さん、隆祥館書店で、『非常時における文化のインフラとしての本屋のあり方』について、店主の二村知子さん(司会)、作家の増山実さん、ジャーナリストの木村元彦さんと意見を …

読みごたえ満点の歴史書『アウトサイダーたちの太平洋戦争 知られざる戦時下軽井沢の外国人』

読みごたえ満点の歴史書『アウトサイダーたちの太平洋戦争 知られざる戦時下軽井沢の外国人』

ぼくの知人に髙川邦子さんという方がいてはります。 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社、2016年)で取り上げた荒木和一さんのひ孫さんで、その絡みでご縁ができました。 荒木さんはスクリーン投影式映画を初 …

山陰で奮闘する小泉八雲のひ孫さん

山陰で奮闘する小泉八雲のひ孫さん

気がつくと節分も過ぎ、暦のうえでは立春。もう春なんですね。でも、これから冬本番といった感じです。今日も夕方から冷たい風が吹いていました。 身体を縮ませて帰宅すると、小泉凡さんから大きな封書が届いていま …

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

「浪花のケルト人」が今日の朝日新聞夕刊に登場しました~(^o^)v 何も悪いことしてませんよ~(笑)。 文化面の「テーブルトーク」というコーナーで、「ケルト」を追い求めるぼくの取り組みを簡単に紹介して …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。