武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

今夏のケルトの旅はポルトガル~!!

投稿日:2013年7月11日 更新日:

ケルト人は、ヨーロッパの最西端に位置するイベリア半島を含む大西洋エリアで勃興したのではないか。

 

そんな学説が注目されています。

 

これまではドナウ川上流域の中央ヨーロッパが揺籃の地とされてきました。

 

それがまさかのまさか、ずっと西の方というのだから驚きます。

 

詳しく言うと、ポルトガルの南部アレンテージョ地方、アルガルヴェ地方を中心に青銅器時代(紀元前7世紀)の碑文がいくつも見つかったのです。

 

古代の地名から「タルテシアンの碑文」と呼ばれています。

 

フェニキア文字で書かれています。

 

その文面、ケルト語の可能性があるというのです。

 

ケルト人は独自の文字を持っていなかったので、海洋民族フェニキア人の文字を使ったとみられています。

 

遺伝子解析の結果からも、これらの地域でケルト人が広範に定住していたとの情報も得られています。

 

おーっ、定説を覆す~!!

 

「ケルト」をライフワークにしているぼくの心が揺さぶられないはずはありません。

 

とにかく「タルテシアンの碑文」とやらをこの目でしかと見てみたい。

 

現場主義を唱えるぼくには当然のことです。

 

ということで、21日からポルトガルに出発します。

 

首都リスボンから南部に向かい、日中の気温が軽く40度を超える乾燥地帯で取材を続けることになります。

 

帰りは、大西洋に浮かぶマデイラ島へ飛び、マデイラワインをしこたま飲んで、体を癒そうと思っています。

 

ポルトガルへは14年ぶり3度目。

 

本当に落ち着く国です。

 

食べ物が美味しいし~(^o^)v

 

財政危機に直面している現状を踏まえ、どう変わったのか、気になるところです。

 

あぁ、だんだんモチベーションが高まってきた。

 

イェーツ~!!

-ケルト,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢に出てくるケルト十字架

夢に出てくるケルト十字架

今日、1月10日は本戎。えべっさんです。今宮戎や西宮戎などはえらい人出やと思います。お参りに行こうかなと思いましたが、冷気に負けてあっさり止めました。昨年も邪魔臭くなって行けずじまいでした。 えべっさ …

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

先日、まだ一度もお目にかかったことのない中央大学の渡邉浩司教授から貴重な学術書『アーサー王伝説研究 中世から現代まで』(中央大学出版部)が出版社を介して贈られてきました。 ぼくの新刊『ヨーロッパ古代「 …

スコットランドから帰ってきました~!!

スコットランドから帰ってきました~!!

本日、23日ぶりに英国北部のスコットランドから帰ってきました。 「ケルト」の取材は思いのほか収穫があり、満足、満足~!! しかし天候には本当に閉口しました。 涼しいを通り越して、とにかく寒かったです。 …

民族学の学術誌にぼくの写真が載っています~♪

民族学の学術誌にぼくの写真が載っています~♪

スタジオジブリの雑誌『熱風』にケルト&フランス・ブルターニュの拙稿が載ったことをお伝えしましたが、未整理の郵便物をチェックしていたら、学術系の雑誌にぼくの写真がいっぱい掲載されていました。 『季刊民族 …

イギリスの「ケルト」を全て解き明かします~!

イギリスの「ケルト」を全て解き明かします~!

ロンドン五輪、日本選手が大健闘していますね。   そのクライマックスが近づいてきました。   舞台のイギリスを「ケルト」のフィルターで切ってみると、また違った世界が見えてきます。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。