武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒 日記 映画

「映画の日」にちなんで……。

投稿日:2012年12月1日 更新日:

今日から師走。

 

12月1日は「映画の日」です。

 

それにちなんだ1日となりました。

 

本日、届いたウイスキー専門雑誌『Whisky World』の12月号。

 

特集は「映画とウイスキー」です。

 

同誌編集長で、ウイスキー評論家の土屋守さんとの対談が載っています。

 

大阪・天六(天神橋筋6丁目)の映画カフェ「ワイルド・バンチ」で、ウイスキーをちびちびやりながら、映画とウイスキーについてあれこれと話し合いました。

 

かなり脱線したのに、うまいことまとめてはります。

 

午後から京都へ向かいました。

 

7月に81歳で亡くなられた高林陽一監督を偲ぶ会に出席するためです。

 

『本陣殺人事件』(1975年)、『金閣寺』(76年)などがメジャー作ですが、個人映画(実験映画?)の草分けで、非常に斬新な作品を手がけてはりました。

 

ぼくがどうして偲ぶ会に出席したかと言うと……。

 

1年目の新米記者として読売新聞の京都支局でサツ回り(警察担当)していた時のことです。

 

「何か県版(京都版)のネタでも探して来い」

 

所轄サツ回りは、町ダネも拾わなければなりません。

 

鬼デスクにそう命じられ、ぼくは大好きな映画の関連で何か取材できるものがないかを考えました。

 

すぐにピンときたのが、高林監督でした。

 

京都に拠点を置き、非常に個性的な作品を撮っている監督。

 

会って、いろいろ話を聞けば、何か記事になることが出てくるかもしれない。

 

安易な気持ちで監督と会いました。

 

確か、三条河原町の喫茶店だったと思います。

 

当時、高林監督は48歳。

 

年齢の割に落ち着いてはりました。

 

個人映画と自主映画の違いについての質問を皮切りに、取材を忘れ、映画談議に花を咲かせました。

 

途中から、ぼくがサツ回りをしていることに興味を持たれ、そのことについていろいろ訊かれました。

 

特にニュースになる題材はつかめなかったけれど、京都にこんなユニークな監督がいるということを記事に書こうと思っていました。

 

県版では、それで十分、いけます。

 

ところが翌日、長岡京市でワラビを採取しに行った主婦2人が山中で惨殺される事件が起きたのです。

 

ワラビ採り殺人事件。

 

1979年5月23日。

 

以降、この事件の取材に没頭し、高林監督の記事を書けず。

 

事件は未解決(1994年に時効)。

 

後日、監督の話を書こうと思ったら、取材したノートを紛失してしまって~o(><)o

 

最悪でした。

 

結局、陽の目を見ることはなかったです。

 

そんなご縁のあった監督です。

 

文化部の映画記者時代は、どういうわけか取材することはなかったです。

 

偲ぶ会には、盟友の大林宣彦監督、俳優のともあれ、ご冥福をお祈りします。

-お酒, 日記, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

迫力満点! ドイツの山岳映画『アイガー北壁』~

迫力満点! ドイツの山岳映画『アイガー北壁』~

(c) 2008 Dor Film-West, MedienKontor Movie, Dor Film, Triluna Film, Bayerischer Rundfunk, ARD/Degeto …

映画『おくりびと』の原作者、青木新門さんの講演

映画『おくりびと』の原作者、青木新門さんの講演

大阪・池田市にある正福寺の住職として大奮闘している大学時代の友人がいます。 末本さん。 仏教(浄土真宗)のイロハを広め、地域との交流を本気になって図ってはります。 それが多目的ホール「ナムのひろば文化 …

黒澤監督との単独インタビュー話、やはり学生たちの心に響生きました!

黒澤監督との単独インタビュー話、やはり学生たちの心に響生きました!

今日の関西大学社会学部メディア専攻「マスコミ特論A」の授業は古巣新聞社文化部の話。 学生時代、黒澤明監督の名作『生きる』を観て心を動かされ、新聞記者になった時、「監督と単独インタビューをするんや!」と …

関大梅田キャンパスでのミニ・セミナー『銀幕に映えるウイスキー』

関大梅田キャンパスでのミニ・セミナー『銀幕に映えるウイスキー』

昨夜は関西大学梅田キャンパスで会員限定の交流会&ミニセミナー。 演題は『銀幕に映えるウイスキー』。 新刊に向けた内容ではなく、映画とウイスキーとの関わりを広く、柔らかく、面白く、かつ「深く」 …

2013年が終わりに近づいています……(^o^)v

2013年が終わりに近づいています……(^o^)v

2013年がそろそろ終わります。 年齢を重ねるごとに、時間の経過が猛烈に速くなってきています。 まぁ、今年を振り返ってみると、かなり充実した年でした。 本業(モノ書き)では、難産の末、2年越しで『スコ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。