武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

information お知らせ 映画 講演

忘れ得ぬラストシーン~ときめきシネマ・ワールド(12月8日)

投稿日:2012年11月30日 更新日:

映画の締めとなるラストシーン。

 

名作といわれる映画は、どれもラストシーンにこだわりを見せています。

 

極めつけといえば、『第三の男』(1949年)。

ウィーンの中央墓地でカメラを80秒間、据え置きにして撮ったシーンは、映画史上屈指の名場面です。

 

そこには映画の主題が凝縮されています。

 

ほかにも、チャップリンの『モダン・タイムズ』(36年)、西部劇の名作『シェーン』(53年)、ヴィスコンティの美学が映える『ベニスに死す』(71年)、洒脱なラブストーリー『めぐり逢えたら』(93年)……。

 

 

こうしたラストシーンについて、12月8日(土)13:00~14:30、NHK文化センター神戸教室の「ときめきシネマ・ワールド」でたっぷり解説します。

 

絶対に飽きさせません、ソンをさせません~(^o^)v

 

お気軽に聴きにきてください。

 

 

 

-information, お知らせ, 映画, 講演

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちょかBand、スプリングLIVE~♪ 

ちょかBand、スプリングLIVE~♪ 

単独ライブの告知です~♪   4月19日(日)PM3:00~、大阪・天満のMORITA BARでやります。 このお店でのライブは2度目。   前回(昨年10月)は、最初から最後まで …

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

映画の地を訪ねて~兵庫・芦屋~「細雪」

今日は雨。 これで桜が散ってしまうのでしょうね。 儚げ……。 散りゆく桜花を目にすると、いつも切なく思ってしまいます。 桜と言えば、『細雪』。 3年前、芦屋川を散策し、こんなエッセーを記しました。   …

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

© 2010 See-Saw Films. All rights reserved. 今年のアカデミー賞の発表が来週の月曜日(28日=日本時間)に迫ってきました。 作品、監督、主演男優賞など …

めちゃ元気をもらえました!!~イタリア映画『これが私の人生設計』

めちゃ元気をもらえました!!~イタリア映画『これが私の人生設計』

超前向きで、少々のことではへこたらない。   そんなパワフルな女性建築家が織りなすイタリア映画。   幾度も壁にぶち当たって奮闘する姿をコミカルに描きながら、社会性のあるテーマに踏 …

40周年を迎えたMBSラジオ番組『ありがとう浜村淳です』に出演しました~(^O^)/

40周年を迎えたMBSラジオ番組『ありがとう浜村淳です』に出演しました~(^O^)/

今日(厳密に言えば、昨日)の朝、MBSラジオの長寿番組『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演し、浜村さんと楽しく映画談議をしてきました。 拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)の紹介で、スタジオにお招 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。