武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

投稿日:2011年11月2日 更新日:

ベネチア(1)
「中国人の観光客だらけ!」
先日、イタリアのベネチアへ旅してきた知人が苦笑いしていました。
ぼくも4年前に訪れたとき、200人ほどの中国人観光客が、先頭で旗を振る添乗員に引率され、列をなしてベネチアの細い路地を歩いている光景を目にしました。
この映画が撮られたときとは様変わり。
『旅情』は、古き良き時代のベネチアを活写していますね。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
旅情(1)
海上に真っ直ぐ伸びるリベルタ橋を列車で渡り、終着のサンタ・ルチア駅に到着。
混み合う駅舎を出ると、ゴンドラや水上バスが行き交う大運河が目に飛び込んできた。
この開放感。
水の都ベネチアに来たと実感する瞬間だ。
ベネチア(2)
珠玉の恋愛映画『旅情』(1955年)の主人公も同じ思いだったに違いない。
婚期を逃したアメリカ人OLのジェーン(キャサリン・ヘプバーン)。
単身、憧れのベネチアへバカンスでやって来た彼女は、宿の女主人に「1人が性に合うの」と強がるが、内心、寂しくて仕方がない。
サンマルコ広場のカフェで、8ミリ撮影機(懐かしい!)を回す彼女に熱い視線を注ぐ地元の中年男性レナート(ロッサノ・ブラッツイ)。
2人は瞬く間に恋の炎を燃え盛らせる。
観光客で賑わうその広場にぼくは足を向け、彼らが愛を語らったであろうカフェに腰をおろした。
映画では花売りのおばさんが来て、ジェーンが白いクチナシの花を選ぶ。
それが幸せのシンボルだった。
ぼくはしばらくカフェに座っていたが、花売りの姿はなく、次第に人が増えてきた。
どうにも居辛くなり、桟橋に移ると、沖合にリド島が蜃気楼のように浮かんでいた。
ルキノ・ヴィスコンティ監督の名作『ベニスに死す』(71年)の舞台になったところだ。
世界的に知られる国際映画祭も開催され、ベネチアは映画との関わりが深い。
街全体が中世の佇まいを宿しており、そこに運河が絶妙な彩を添える。
映画のロケ地にならないはずがない。
ベネチア(3)
『旅情』は、英国人のデヴィッド・リーン監督が初めて海外に題材を求めた作品。
これを機に、『戦場にかける橋』(57年)、『アラビアのロレンス』(62年)など映画史に燦然と輝く大作を次々に手がけ、巨匠の地位を築いた。
ラストシーンはあまりにも有名だ。
恋人に別居中の妻と子供がいることを知ったジェーンは束の間の恋を清算し、列車で街を去る。
そのとき駅に駆けつけてきたレナートが、車窓から身を乗り出す彼女にクチナシの花を振り続ける。
旅情(2)
猛烈に切ない。
これぞ大人の恋物語。
駅のプラットホームに立つと、別離の場面が脳裏にまざまざと浮かんできた。
すると、背後から主題曲『サマータイム・イン・ヴェニス』の甘美なメロディーが……。
小柄な初老のイタリア人男性が口笛を吹いていたのだ。
なぜ?
映画と同じ経験をしたのだろうか、単に思いつきで吹いていたのだろうか。
今でもちょっぴり気になっている。
(読売新聞2011年4月12日朝刊『わいず倶楽部』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

©SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014   死んだはずの人物が生きていた。   ドラマでたまに使われる設定だが、それを存分に活かし、夫婦再生の心理 …

現代の戦争をあぶり出す~英国映画『アイ・インザ・スカイ 世界一安全な戦場』

現代の戦争をあぶり出す~英国映画『アイ・インザ・スカイ 世界一安全な戦場』

多数の人を救うため、目の前にいる1人を犠牲にできるのか--。   IT戦争の闇を浮かび上がらせ、究極の選択を迫る。   緊迫した映像と登場人物の会話が一体化したリアルな世界。 &n …

日本とトルコの深い関わりをストレートで切り込む~『海難1890』

日本とトルコの深い関わりをストレートで切り込む~『海難1890』

日本とトルコが深く関わった出来事に迫る両国の合作映画。   目の前で絶望に陥っている人たちに手を差し伸べる人道的行為を真正面から見据える。   テロの脅威が増し、人命が軽んじられる …

西川美和監督の新作~『永い言い訳』(公開中)

西川美和監督の新作~『永い言い訳』(公開中)

『蛇イチゴ』、『ゆれる』、『ディア・ドクター』など意外性のある作品を手がける西川美和監督の新作。   他人同士の不思議な絆が芽生える様子を、移ろう人の気持ちとシンクロさせ、バランスよく紡ぎ出 …

女優、轟夕起子の特別番組~8日(水)19時~日本テレビ系で

女優、轟夕起子の特別番組~8日(水)19時~日本テレビ系で

轟夕起子――。 お若い方はご存知ないでしょうね~(笑)。 日本映画の黄金期に活躍された女優さんです。 嫌味のない、愛くるしいお方でした。 ぼくの知り合いの映画史家Yさんがそんな彼女にぞっこん惚れ(ぼく …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。