武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

投稿日:

 『奇跡の人』

 

この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。

 

よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

©2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema

©2014 – Escazal Films / France 3 Cinema – Rhone-Alpes Cinema

見えない、聞こえない、話せない。

 

三重苦を克服した少女と彼女を支えた修道女の物語。

 

清楚な佇まいの中で繰り広げられる2人の壮絶な闘い。

 

そこからにじみ出る優しさと慈愛が全編を穏やかに包み込んでいた。

 

©2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema

©2014 – Escazal Films / France 3 Cinema – Rhone-Alpes Cinema

19世紀末のフランス。

 

10歳の娘マリー・ウルタンが修道院の併設する聴覚障害者の施設に入った。

 

生まれつきハンディを背負い、しつけや教養を全く受けていないので、野生児そのもの。

 

そんな彼女にシスターのマルグリットが言葉と人としての営みを教え込もうと全身全霊を捧げる。

 

想像を絶する忍耐力には脱帽だ。

 

入所時、パニック状態から木によじ登ったマリーの手を彼女がつかむ。

 

その瞬間、強い魂の輝きを感じ取った。

 

このシーンが映画の空気を決定づけていた。

 

ヘレン・ケラーと家庭教師サリヴァンを描いた米映画「奇跡の人」(1962年)のフランス版ともいえる。

 

共に実話。

 

いかんせん両作品を比較してしまう。

 

物の名前と実体を初めて理解したヘレンの発した言葉が「ウォーター」だった。

 

本作では、マリーが大事にしていたポケットナイフ。

 

彼女の心象風景を象徴しているようであり、実に意味深に思えた。

 

師弟関係にあったヘレンとサリヴァンとは異なり、こちらは母娘のような関係。

 

すっかり変貌を遂げたわが娘に実母が会いに来た時に浮かべたマルグレットの寂しげな表情が忘れられない。

©2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema

©2014 – Escazal Films / France 3 Cinema – Rhone-Alpes Cinema

さらに「死」の概念を前面に出していた。

 

神の存在を絡めながら、ジャン=ピエール・アメリス監督はそこから生じる喪失感をえぐり出そうとした。

 

マリー役で映画デビューしたアリアーナ・ソヴォアールは耳が不自由で、障害を持つ人の気持ちに寄り添って演じていたように思う。

©2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema

©2014 – Escazal Films / France 3 Cinema – Rhone-Alpes Cinema

マグリットに扮したイザベル・カレのどこか儚げな演技も印象深かった。

 

1時間34分

 

★★★(見ごたえあり)

 

☆6月6日からシネ・リーブル梅田、6月13日からシネ・リーブル神戸、7月4日から京都シネマ にて公開。

 

(日本経済新聞2015年6月5日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命の息吹が芽生える、「聖なる中州」の物語~ジョージアの映画『とうもろこしの島』

生命の息吹が芽生える、「聖なる中州」の物語~ジョージアの映画『とうもろこしの島』

雪解け水が大量の土砂を運び、大河に中州を作る。   小舟を漕いでやって来た老人がそこに「上陸」。   そして黙々と土を耕し、トウモロコシを栽培する。 かつてグルジアと呼ばれていたコ …

犯罪被害者の遺族が取った奇抜な行動~米・英合作映画『スリー・ビルボード』(2月1日公開)

犯罪被害者の遺族が取った奇抜な行動~米・英合作映画『スリー・ビルボード』(2月1日公開)

行き場のない怒りや喪失感を抱いたとき、それをどこに向ければいいのか。 人間の本質を突いたテーマに本作が深く斬り込んだ。 犯罪被害者遺族の心情と行動を独特な視点から見据えた極上のサスペンスだ。 (C) …

リアルさを追求した異色スパイ映画~『裏切りのサーカス』

リアルさを追求した異色スパイ映画~『裏切りのサーカス』

めちゃめちゃ渋い映画が、きょうから公開されています。 『裏切りのサーカス』      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 単なるスパイ映画ではない。 諜報員の実像に肉迫する。 娯楽色と …

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

イギリス(連合王国=UK)には王室保護領が2か所、あります。 アイリッシュ海に浮かぶマン島とフランス・ノルマンディーのコタンタン半島沖合に散らばっているチャンネル諸島です。 イギリスの領土なのに、それ …

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

好きな映画は山ほどあります。 でも、心が乾いてきたとき、無性に観たくなるのがこの作品です。 世界に誇れるフランス映画~!! こんなエッセーを書きました。      ☆     ☆     ☆      …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。