武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ロバート・レッドフォードの引退作『さらば愛しきアウトロー』

投稿日:

ロバート・レッドフォード。

『明日に向って撃て』、『スティング』、『大統領の陰謀』、『華麗なるギャツビー』……。

ハリウッドで大きな足跡を残したイケメン俳優です。

一方で、監督として『普通の人々』や『リバー・ランズ・スルー・イット』などの名作を世に放ち、反ハリウッド色を鮮明にするインディペンデント映画のサンダンス映画祭を主催。

アメリカ映画界で実に多彩な活躍をしてきたレッドフォードが12日公開の『さらば愛しきアウトロー』で俳優業を引退します。

御年、81歳。

実在した伝説の銀行強盗犯に扮し、人生の黄昏時をしみじみと感じさせる滋味深い演技を披露しています。

派手さのない渋いクライム映画です。

同じように俳優+監督の二足の草鞋を履く89歳の先輩格クリント・イーストウッドを意識せず、マイペースで監督作を手がけていってほしいです。

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、レッドフォードへの想いを込めて本作のレビューを書かせてもらっています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

これは観させる映画でした。   子供が主人公の映画は、ともすれば嫌味っぽくなりがちですが、本作はビンビン心に響きました。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆   …

今朝、ABCラジオ「おはようパーソナリティ」にゲスト出演しました~(^_-)-☆

今朝、ABCラジオ「おはようパーソナリティ」にゲスト出演しました~(^_-)-☆

朝、散歩がてらに自宅から歩いてABC朝日放送へ。 そして午前8時ごろから、朝のワイド番組「おはようパーソナリティ」にゲスト出演してきました。   エンタメ映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に特化し …

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

ぼくの友達で、京都を拠点に映画に関わる活動をしている西川敦子さんから、ぜひ告知してほしいと熱いメールを届きました。   『映画美術監督 井川徳道の世界~京都の映画美術』。 *お昼の部の上映は …

阪本順治監督、入魂の一作~『半世界』(15日から公開)

阪本順治監督、入魂の一作~『半世界』(15日から公開)

40歳にして迷わず。 「不惑」を目前にした3人の男がこれからどんな人生を折り返すのか。 幅広いテーマを題材にしてきた阪本順治監督の最新作は、地方の小さな町を舞台にした珠玉の人間ドラマである。 ©201 …

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。 あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。 *      *      *  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。