武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ポーランド紀行(2011年夏)

ポーランド紀行(9)~コペルニクスの生誕地、トルン

投稿日:2011年8月31日 更新日:

ポーランドブログ用 185
これ、ニコラウス・コペルニクス(1473~1543年)の銅像です。
大昔、中学か高校で、コペルニクスの名を覚えました。
太陽が中心に惑星が動いているとする「天動説」を唱えた天文学者。
「天動説」なら、イタリア人のガリレオ・ガリレイの方が有名かもしれませんが、コペルニクスの名を知らない人はいないと思います。
この人が生まれたトルンを訪れました。
思いがけず映画の世界に浸れたウッジから、北部の港湾都市グダニスクへ直行する予定でしたが、移動距離が長いと判断し、ちょうど真ん中に位置するトルンで途中下車。
旧市街は世界遺産に登録されています。
確かに中世の息吹が存分に漂っていました。
ポーランドブログ用 190
ポーランドには世界遺産のスポットが13か所あります。
コペルニクスの生家もちゃんと残っていました。
中は博物館です。
ポーランドブログ用 186
この人、ドイツ系のポーランド人だったそうですね。
彼が生きていた15~16世紀、ポーランド人、ドイツ人、ユダヤ人、ロシア人、チェコ人、リトアニア人、ウクライナ人らが混在していた時期です。
だからコペルニクスは、他者から何人なのかと訊かれたとき、あえて「トルン人」と答えていたとか。
旧市街の外れには、ドイツ騎士団が建てた廃城がありました。
ポーランドブログ用 181
ドイツ騎士団というのは、12世紀、イスラム教徒に占領された聖地エルサレムを奪回すべく結成された十字軍の一団です。
別名、チュートン騎士団。
それがバルト海沿岸にいた異教徒を駆逐するため、13世紀、ポーランドへやって来て、建造したのがこのお城です。
この辺り、ドイツ騎士団の名残がいろいろ残っています。
各地で略奪を繰り返し、悪名で名を売っていたそうです。
街の中心にゴシック建築の旧市庁舎が建っています。
ポーランドブログ用 184
その前にコペルニクスの像が屹立していました。
旧市庁舎の塔に登ると、街のすべてが見下ろせます。
ポーランドブログ用 187
ポーランドブログ用 188
ポーランドブログ用 189
街の景観が統一されていて、日本では絶対に見られない光景ですね。
でも、あまりにも整いすぎていて、正直、刺激がなかったです。
旧市街なら、フランスの田舎町の方がはるかに風情があると思いました。
それに観光客がめちゃめちゃ多く、ここはぼくの来るところではなかったと実感。
ポーランド紀行の9回目は、そんな事情もあり、軽く紹介しました(笑)。

-ポーランド紀行(2011年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポーランド紀行(2)~ワルシャワ、戦争の残滓

ポーランド紀行(2)~ワルシャワ、戦争の残滓

いきなりおぞましい写真を見せます。 第2次大戦が終わったときのワルシャワを俯瞰撮影したものです。 壊滅としか言いようがありません。 空襲で街が破壊された東京や大阪とは違って、市街戦でこうなったのだから …

ポーランド紀行(8)~映画の匂いが漂うウッジの街

ポーランド紀行(8)~映画の匂いが漂うウッジの街

ポーランドで、首都ワルシャワについで第2の都市ウッジ(人口約74万人)にやって来ました。 ガイドブックには「ウッチ」と表記されていますが、クラクフでお世話になった通訳の岩田さんが「ウッジ」と書いてはっ …

ポーランド紀行(7)~アンジェイ・ワイダ監督との奇跡的な出会い

ポーランド紀行(7)~アンジェイ・ワイダ監督との奇跡的な出会い

前回と前々回は、ともに「負の遺産」のリポートだったので、読むのがしんどかったと思います。 書いている本人も疲労感を覚えました。 7回目の今回は、ガラリと雰囲気を変え、気持ちが高揚する内容です。 旅のハ …

ポーランド紀行(12)最終回~レンズがとらえた美女たち

ポーランド紀行(12)最終回~レンズがとらえた美女たち

ポーランド紀行のリポートも今回が最後です。 昨日、女優、鈴木京香さんの写真をいっぱいアップしたので、その“延長線上”でポーランドの美女たちをどうぞ~。 ワルシャワに着いて、一番、驚いたのが美人が多かっ …

ポーランド紀行(3)~食べモノ、飲みモノ

ポーランド紀行(3)~食べモノ、飲みモノ

ポーランド紀行の3回目は、重たかった前回とはガラリと打って変わり、飲食です。 これ、美味しそうでしょ? 実際、めちゃうまかったです。 ビゴスというポーランドの代表的な料理。 キャベツ、ザウアークラウト …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。