武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ポーランド紀行(2011年夏)

ポーランド紀行(12)最終回~レンズがとらえた美女たち

投稿日:2011年9月9日 更新日:

ポーランド紀行のリポートも今回が最後です。
昨日、女優、鈴木京香さんの写真をいっぱいアップしたので、その“延長線上”でポーランドの美女たちをどうぞ~。
ワルシャワに着いて、一番、驚いたのが美人が多かったことです。
スラブ系の人たちが暮らす東欧諸国は「美女多発地区」~!!
以前、訪れたチェコ、スロバキア、セルビア、ブルガリアでもそうでしたが、今回はちょっとゆとりを持った旅でしたので、ことさら美人が目につきました。
なかには思わず、盗撮した人もいます。
ごめんなさいね。
でも、あとで目が合って、会釈すると、みなニコッと笑ってくれましたから、まぁ、了承を得たものと理解しています。
彼女たちがこぞって日本に来たら、大変なことになりますよ。
同伴の嫁さん公認の撮影でしたから、ノープロブレムです(笑)。
前置きはいいから、早く写真を見せろ~!?
はい、はい、わかりました。
では、一挙公開です。
ワルシャワの少年兵士像の前で、パチリ。
カメラを向けているのを知った彼女は、笑いながら、手で銃を撃つ仕草を見せました。
大阪人のぼくは、もちろん死んだフリをしました(笑)。
このノリ、大阪でしたなぁ~。
ポーランドブログ用 007
古都クラクフの街角で、道を訊いたお嬢さん。
わかりやすい英語で丁寧に教えてくれはりました。
ありがとうございました。
ポーランドブログ用 062
これもクラクフの広場で。
ワルシャワから観光で来た2人組。
ポーランドブログ用 060
ポーランド最古の大学、クラクフ大学のキャンパスで撮影。
シャッターを押したあと、彼女が寄ってきて、「日本人ですか?」と流暢な日本語で聞かれました。
びっくりした~!!
大学で日本語を学んでいるとか。
ポーランドブログ用 135
この女性はポーランド人ではなかったです。
イタリア人。
ミラノからの観光客。
ポーランドブログ用 138
クラクフのヴァヴェル城で見かけたカップル。
この女性、てっきりフランス人俳優のジュリエット・ビノシュと思いました。
そっくりさんでした。
ポーランドブログ用 151
トルンのバスターミナルに座っていた女性。
嫁さんを撮るフリをして、姑息的に盗撮しちゃいました。
ちょっと睨まれたけれど、そのあと得も言えぬ笑顔を見せてくれました。
あ~、ホッとした。
DVC00045
グダニスクの旧港で必死になってバイオリンを弾いていた少女。
演奏はいまひとつでしたが、たまらなく可愛かったです。
多くの観光客が彼女にレンズを向けていたので、ぼくもちゃっかり1枚、撮らせてもらいました。
撮影慣れしていたような……。
少女
グダニスクからヘル行きのローカル列車で、泣いていた女の子。
泣き止んだところを、望遠カメラで。
撮影した画像を母親に見せたら、ケラケラ笑ってました。
ポーランドブログ用 247
帰国の前日、ワルシャワの旧王宮前の広場で、妖精のような娘さんがバイオリンを弾いていました。
街頭でクラシックを演奏する人が結構、多かったですね。
この子、演奏が上手だったので、カゴにコインを入れると、「サンキュー!」と一礼し、とびきり素晴らしい笑みを浮かべてくれました。
さわやかな感じで、すごく気持ちがよかった。
ポーランドブログ用 256
ということで、ポーランドの旅を楽しく終えることができました。
毎回、ルポを読んでいただき、ありがとうございました~!!

-ポーランド紀行(2011年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポーランド紀行(7)~アンジェイ・ワイダ監督との奇跡的な出会い

ポーランド紀行(7)~アンジェイ・ワイダ監督との奇跡的な出会い

前回と前々回は、ともに「負の遺産」のリポートだったので、読むのがしんどかったと思います。 書いている本人も疲労感を覚えました。 7回目の今回は、ガラリと雰囲気を変え、気持ちが高揚する内容です。 旅のハ …

ポーランド紀行(2)~ワルシャワ、戦争の残滓

ポーランド紀行(2)~ワルシャワ、戦争の残滓

いきなりおぞましい写真を見せます。 第2次大戦が終わったときのワルシャワを俯瞰撮影したものです。 壊滅としか言いようがありません。 空襲で街が破壊された東京や大阪とは違って、市街戦でこうなったのだから …

ポーランド紀行(8)~映画の匂いが漂うウッジの街

ポーランド紀行(8)~映画の匂いが漂うウッジの街

ポーランドで、首都ワルシャワについで第2の都市ウッジ(人口約74万人)にやって来ました。 ガイドブックには「ウッチ」と表記されていますが、クラクフでお世話になった通訳の岩田さんが「ウッジ」と書いてはっ …

ポーランド紀行(1)~ワルシャワの街

ポーランド紀行(1)~ワルシャワの街

ポーランドの旅(7月25日~8月7日)を写真をメーンにしてレポートします。 1回目は首都ワルシャワの街です。 人口約170万人を擁する大都会。 そのシンボルが、高さ234メートルの高層ビル(37階)で …

ポーランド紀行(11)~第2次大戦勃発の地、ヴェステルプラッテ

ポーランド紀行(11)~第2次大戦勃発の地、ヴェステルプラッテ

グダニスクの造船所と博物館「自由への道」を見学したあと、旧港から遊覧船に乗って、ヴェステルプラッツに向かいました。 北へ4キロ、第2次世界大戦勃発の地です。 ポーランドの旅でどうしても訪れたかったとこ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。