武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

スタイリッシュな少女の殺し屋~『ハンナ』

投稿日:2011年8月30日 更新日:

残暑厳しい中、クールなヒロインを映画館で見て、暑気払いしませんか。
ハンナ
殺人マシーンと化した16歳の少女が銀幕を駆け抜ける。
こんな表現がぴったしの娯楽アクション。
『ニキータ』(1990年)や『レオン』(94年)のヒロインとはまた違った凄みのある少女だが、時折、覗かせるあどけなさに魅せられた。
主演はシアーシャ・ローナン。
英国映画界の俊英ジョー・ライト監督の代表作『つぐない』(2007年)でキーパソンを演じた彼女が、本作でハンナ役に抜擢され、同監督と再びコンビを組んだ。
まさに適役だった。
雪深いフィンランドの奥地でハンナは父親エリック(エリック・バナ)に育てられた。
外界から隔絶された2人だけの空間。
自給自足の厳しい暮らしの中で、格闘技術や銃剣の扱い方、語学などを教わる。
そんな少女が社会に飛び出た瞬間、命を狙われる。
憧れていた世界がとてつもなく残酷という設定。
情操教育として父親から与えられたグリム童話が伏線となっており、それが全編の流れを決めている。
ハンナを追い詰めるのがCIAの女性捜査官マリッサ(ケイト・ブランシェット)。
冷酷非情、そこに偏執的な性格が加わり、どう見ても魔女である。
ブランシェットはよく似た役どころが多く、何だか楽しんで演じているような感じ。
なぜ少女が襲われるのか。
その理由が彼女の出生と深く関わっている。
この謎解きが次第に浮き彫りにされるが、もう少しベールに包み込んでほしかった。
殺す動機も弱い気がする。
ハンナはベルリンを目指す。
その過程で驚異的な身体能力を発揮。
顔色ひとつ変えず、粛々と敵を打ち倒す姿が見どころだ。
理屈抜きに強い。
しかし旅行中の英国人家族との出会いで、10代の女の子であることを自覚する。
揺れ動く心理。
そこが一抹の清涼剤として利いていた。
1時間51分
★★★
☆全国で公開中
(日本経済新聞2011年8月26日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント、盛り上がりました~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント、盛り上がりました~(^_-)-☆

昨日、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で、新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントが開催されました。 会場がびっしり埋まり、熱気ムンムンの中で、映画とウイス …

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。 あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。 そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾 …

極限の愛~『さよなら渓谷』

極限の愛~『さよなら渓谷』

今日から封切られる『さよなら渓谷』。   ある意味、壮絶な映画でした。   グイグイ引き込まれていきます。   2人の関係を明かせば、もっとすんなりと原稿を書けたのですが …

「映画」の撮影にチャレンジ~(^_-)-☆

「映画」の撮影にチャレンジ~(^_-)-☆

昨日は、寒くて天気が悪かったです。 そんな中、朝から大阪の某所で撮影に臨んでいました。 10分程度のプロモーション映像ですが、ぼくの初台本の映像化です。 可愛い娘さんとの「共演」で、ぼくは準主役かな~ …

フランスの「ケルト」の講演~9日(土)PM5:00~6:00

フランスの「ケルト」の講演~9日(土)PM5:00~6:00

最近、神戸でお話をする機会がめっきり増えてきました。   9日(土)、PM5:00~6:30、神戸映画サークル協議会の例会学習会で、『フランスの「ケルト」の地ブルターニュ+ノルマンディ』と題 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。