武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

大阪を舞台にしたハードボイルド~『黄金を抱いて翔べ』

投稿日:2012年11月2日 更新日:

(c)2012「黄金を抱いて翔べ」製作委員会

懐かしい匂いを放つハードボイルド。

 

大阪の街が登場人物の吐息と見事にマッチし、男のロマンを燃え盛らせる。

 

パワフルな演出を持ち味にする井筒和幸監督の真骨頂が出ていた。

 

原作は女性作家、高村薫の同名デビュー小説(1990年)。

 

6人の男たちが大手銀行本店の地下に眠る240億円の金塊強奪を計画する。

 

札束でないところがミソ。

リーダーのトラック運転手、北川(浅野忠信)と裏稼業で生きる幸田(妻夫木聡)の再会から、磁石に吸い寄せられるがごとく仲間が集まる。

 

その過程で各人の背景と個性を巧みに、かつテンポ良く見せる。

 

この手の集団劇の醍醐味だ。

 

江戸っ子気質丸出しで、貫禄十分な浅野の演技は意外性があった。

 

妻夫木のクールすぎる男はやや鼻につくが、三枚目的な役どころに扮した桐谷健太のコミカルな味は効いている。

 

彼らを邪魔する輩がみな謎めいており、胡散臭い。

 

いかにもフィルム・ノワール(暗黒映画)といった雰囲気。

 

クライマックスが夜の場面とあって、作品を包み込む映像も全体的に暗鬱なイメージを与える。

 

ダイナマイトを使った犯行手口もそうだが、徹底的にアナログにこだわる。

 

デジタル機器は一切なし。

 

携帯すら使われない。

 

頭脳と腕力だけで勝負する。

 

過激派の残党も現れ、70年代の空気を濃厚にはらませる。

 

このレトロ感が心地よい。

 

閉塞感が漂う日常を打破し、とてつもなく大きな目標に挑むメンバーの姿に今日性を感じた。

 

犯行の舞台となる中之島界隈、吹田の住宅街、梅田の歓楽街……。

 

澱んだ大気を伴い、大阪特有の蒸し暑い夏が描かれる。

 

冬場に撮影したとはとても思えない。

 

井筒監督が『ガキ帝国』(81年)で捉えた大阪の不良少年とどこか似通う。

 

それは反逆性と儚げさに起因するからだろうか。

 

2時間9分。

 

★★★

 

☆11月3日、全国ロードショー

 

(日本経済新聞2012年11月2日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-大阪, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝日新聞WEB「じんぶん堂」にインタビュー記事が載りました!

朝日新聞WEB「じんぶん堂」にインタビュー記事が載りました!

朝日新聞WEB版の「じんぶん堂」というコーナーに、本日、ぼくのインタビュー記事が掲載されました。 「新聞記者、小説家になる」……。 この見出し、照れますなぁ~😅(笑) それと、右横にあ …

トルコ・カッパドキアを舞台にした深淵な人間ドラマ『雪の轍』

トルコ・カッパドキアを舞台にした深淵な人間ドラマ『雪の轍』

  知性に裏打ちされた会話劇。   膨大なセリフが全編を包み込む。   洗練された演出が人物と風景を同化させ、深淵な人間ドラマに仕上げた。   世界的に知られる …

映画の中のウイスキー・トーク 24日(日)PM7:00~

映画の中のウイスキー・トーク 24日(日)PM7:00~

  『VIVA! ウイスキー・シネマ館~ほろ酔い気分で映画トーク~』   こんなイベントを、24日(日)PM7:00~、大阪・京町堀のアイッリシュ・バー「GATBY」で開催します。 …

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

4月1日。新年度のスタートです。 32年前のきょう、グータラ大学生だったぼくが新聞社に入った日です。 入社式ではちょっぴり緊張していましたが、まぁ、なんとかなるやろと開き直ってもいました。実際、なんと …

鮮烈な青春映画~『苦役列車』

鮮烈な青春映画~『苦役列車』

(C)2012「苦役列車」製作委員会 ちょっと強烈な映画が近々、封切られます。 『苦役列車』 拒否反応を示す人もいるかもしれないけれど、ぼくは高く評価しています。     ☆    ☆    ☆    …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。