武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

投稿日:2014年3月26日 更新日:

最近、目を疲れさせないように試写を1日に1本と決めていますが、今日は連続で2本観ました。

 

熊切和嘉監督の『私の男』(6月14日公開)と石井裕也監督の『ぼくたちの家族』(5月24日公開)。

 

前者は超濃密な父娘関係をえぐった異色作。

後者は、余命宣告された母親のために奔走する家族の物語。

全く色合いの異なる内容とはいえ、凄い演出力に打ちのめされ、言いようもなく心地よい余韻に浸っています~(^^

 

2人は共に大阪芸大卒。

 

他にも同大学出身の映画人がわんさといます。

 

三原光尋、山下敦弘、大森研一……。

 

これからの日本映画界で「大阪芸大」パワーがますます吹き荒れそう~(^_-)-

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あゝ、可憐なドヌーヴ、『シェルブールの雨傘』~♪

あゝ、可憐なドヌーヴ、『シェルブールの雨傘』~♪

かれこれ20年ほど前になるでしょうか。友人の紹介で、ぼくは矢野宏さんとご縁を持つことができました。彼は正真正銘、現役のジャーナリストです。 友人として、呑み仲間として、ぼくの悩み事の相談者として、そし …

このイギリス映画、見応えあり~『アリス・クリードの失踪』

このイギリス映画、見応えあり~『アリス・クリードの失踪』

いやぁ~、かなりの拾いモノでした~! 前回、ご紹介した日本映画『奇跡』とは全く異なったテイストですが、見応え十分。 あまりの面白さに、試写で見終わったあと、ちょっと興奮してコーヒーを3杯も立て続けに飲 …

大人を観させる『シン・ゴジラ』

大人を観させる『シン・ゴジラ』

昨日、『シン・ゴジラ』を劇場で観ました。 マスコミ試写がなく、いきなりの封切りでした。 よほどの自信作~と製作・配給の東宝が踏んでいたのでしょう。 観終わって、体が震えた。 これまでのゴジラ映画とは全 …

ほろ酔いシネマBAR~関大梅田キャンパスで~(^_-)-☆

ほろ酔いシネマBAR~関大梅田キャンパスで~(^_-)-☆

Sorry、リポートが遅れました。 一昨日、関西大学梅田キャンパスでTSUTAYA梅田MeRISEとの共催による社会人向けの楽しいイベントが開催されました。 題して、『ほろ酔いシネマBAR~映画を彩る …

今年の映画ベストテン~!!

今年の映画ベストテン~!!

暮れも押し詰まってきました。 きのうは、今年卒業した関西大学の教え子たち(社会学部ジャーナリスト養成プログラム)+有能な事務員だった女性と素敵な時間を過ごしました。 みな新米の社会人として苦悶しながら …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。