武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ジョン・レノンの原風景~映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』

投稿日:2010年11月9日 更新日:

秋が深まってきました。
今春卒業し、大阪の出版社で働いている教え子と先日、キタにあるビートルズのライブハウス『キャバーン・クラブ』に足を運びました。
近況を語り合っているうち、22歳の彼がビートルズにはまり出していると言ったので、想定外の展開に~。
ビートルズ
ここは懐かしのスポットです。
大学生のころから、時々出向いていました。
この日も相変わらずビートルズのコピーバンドが大熱演~♪
しばし青春時代に浸ることができ、満足、満足~。
そのビートルズの中で一番個性が強かったジョン・レノンの青年期を描いたイギリス映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』が公開中です。
日経新聞文化欄に書いた原稿をどうぞ。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
ノーウェアボーイ
ⓒ2009 Lennon Films Limited Channel Four Television Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.
ビートルズのメン、バーとして世界に羽ばたいたジョン・レノン。
今年は生誕70年。
そして銃弾に倒れて30年を迎える。
音楽以外にもいろんな分野で若者に刺激を与えたジョンの原風景を瑞々しい映像で綴った青春映画である。
1950年代半ば、英国西部の港町リバプールの街をティーン・エイジャーのジョンが駆け抜ける(アーロン・ジョンソン)。
この躍動的な冒頭シーンで一気に引きずり込まれた。
内容はしかし、極めてシリアスだ。
幼い頃から伯母のミミ(クリスティン・スコット・トーマス)に育てられたジョンが、近くに実母ジュリア(アンヌ=マリー・ダフ)が暮らしていることを知る。
反抗期とあって厳格なミミを疎ましく思い、自由奔放なジュリアに急接近。
とはいえ彼女には家庭があり、入り込めない。
対照的な2人の母親の間でもがき苦しむジョンの姿が痛々しい。
行き場のない孤独感と葛藤。
さらに母親はなぜ自分を捨てたのかという疑問が湧き出てくる。
そんな心のモヤモヤが音楽を創作することで解消されていく。
息苦しい話なのに、さわやかな印象を受けるのはそのためだろう。
ジュリアにバンジョーの弾き方を教えられ、にわかにジョンの表情が晴れ渡る。
その後、ポール・マッカートニーとの出会いによって自分の道が決定づけられ、不良少年が見違えるほどカッコよくなっていく。
人生の転換期だ。
皮肉屋で反骨精神旺盛なジョン・レノンのルーツがこの時期にあったのがよくわかる。
しかし単なる伝記映画ではない。
1人の青年の成長物語に仕上がっており、ぼくのようなビートルズファンでなくても十分、楽しめる。
徹底取材に基づいた女性監督サム・テイラー=ウッドのこだわりの演出に思わずニヤリとした。
1時間38分
★★★★(見逃せない)
(日本経済新聞2010年11月5日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

2018年 映画ベストテン 【日本映画】 1 『孤狼の血』監督:白石和彌 役所広司、松坂桃李、真木よう子 2 『日日是好日』監督:大森立嗣 樹木希林、黒木華、多部未華子 3 『ごっこ』監督:熊澤尚人  …

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

某大国の大統領が入国の一時停止を発令し、改めてクローズアップされた難民・移民の問題。 それに直面しているイタリアの小島の現状を本作『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』はあますことなく伝えていま …

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

緊急事態宣言が発令されてから、むしろやるべきことが多くなり、なかなかブログを更新することができませんでした。 久しぶりに新作映画の投稿です。 イギリス映画『オフィシャル・シークレット』。 2003年の …

PV『映画の街、なんば』が読売新聞に紹介されました~(^_-)-☆

PV『映画の街、なんば』が読売新聞に紹介されました~(^_-)-☆

You Tubeでアップされているプロモーション・ムービー『映画の街、なんば』(製作:戎橋筋商店街振興組合)の紹介記事が今日の読売新聞夕刊に載りました。 古巣新聞社の後輩記者、コンパクトにうまいことま …

鈴木晰也さん、安らかに~

鈴木晰也さん、安らかに~

『青嵐』 「青葉を吹きわたる風」を意味するこんな題字の可愛い御本が届きました。 日本を代表する映画プロデューサーで、大映京都撮影所の所長をされておられた鈴木晰也(あきなり)さんの追悼・遺稿集です。 鈴 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。