武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

ふわり、ふわり~街中をバルーンが

投稿日:2010年10月7日 更新日:

バルーン
朝、東の窓から生駒山を眺めると、オレンジ色の大きな物体が浮かんでいました。
バルーンです。
ビル街の上空をふわり、ふわり。
御堂筋の辺りでしょうか。
すぐさま望遠レンズ付きのカメラで激写しました。
何のバルーンなのでしょうかね。
アドバルーンっぽくはなかったし。
気球だったのかもしれません。
そのまったりした情景を見入っているうち、だんだん気持ちが華やいできました。
きのうノーベル化学賞に鈴木章・北海道大学名誉教授と根岸英一・米パデュー大学特別教授の2人の日本人が受賞しましたしね。
めでたいことです~♪
暗いニュースが多かっただけに、パッと心に明かりが灯った、そんな感じがしました。
ノーベル化学賞と言えば、1981年、日本人で初の受賞者となった福井謙一さんのことが思い出されます。
ぼくが新聞記者になって3年目、京都支局で日々、取材活動に明け暮れていたときです。
受賞の報を受けて京都・北白川の福井さんのご自宅に駆けつけ、昔のアルバムを貸してもらったのを覚えています。
たしか一番乗りでした。
すぐに新聞・テレビの記者で自宅がごった返し、騒然としました。
何だか事件の取材をしているような錯覚に……。
締め切り時間が迫ってくる中、必死になって福井さんの表情などを取材し、公衆電話から原稿を読んで送っていました。
公衆電話からの送稿……、今では考えられませんね。
当時は10円玉をぎっしり詰め込んだプラスティックのフィルムケースをいつもジャケットのポケットに入れていました。
だから重みでポケットがよく破れていました。
そんなことを懐かしみ、浮遊するバルーンをしばし目で楽しみました。
こういう時間があってもいいな~。
少しうれしくなりました。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『歓喜の歌』、10000人の第9~♪♪

『歓喜の歌』、10000人の第9~♪♪

ベートーベンの『歓喜の歌』。交響曲第9番のあの合唱曲は、耳に優しいというか、ほんとうに聴きやすいですね。なんでもド・レ・ミ・ファ・ソの音しか使われていないそうです。 20年前、ベルリンの壁が崩壊したと …

スリランカの悲劇……、許せません!!

スリランカの悲劇……、許せません!!

「心の洗濯」をしてきたスリランカで昨日、キリスト教会と高級ホテルの8か所を狙った同時多発爆破テロがありました。 現在(22日正午現在)、290人の死亡が確認されています。 日本人も1人、犠牲になりまし …

仕事初め、ランニング初め、ライブ(鑑賞)初め、飲み会初め~!

仕事初め、ランニング初め、ライブ(鑑賞)初め、飲み会初め~!

みかんうどんをお昼に食べました。 一体、何やて??  瀬戸内海に浮かぶ愛媛・松山の中島から送られてきた“特産品”です。 「大好き中島 瀬戸内の再会桜 元祖八生(やよい)ちゃんのみかんうどん」 袋にそう …

ママちゃりで琵琶湖一周にチャレンジ~! 5月18日~20日

ママちゃりで琵琶湖一周にチャレンジ~! 5月18日~20日

昨年、フルマラソンに2回もチャレンジし、完走できました。   大阪42.195キロマラソンと大阪マラソンの2回。   かなりハードなスポーツだとつくづく痛感しました。   …

秋にケルトの本を上梓します~(^_-)-☆

秋にケルトの本を上梓します~(^_-)-☆

新型コロナ禍で海外の読み物が逆風にさらされている中、何とかヨーロッパの「ケルト」の本を出せることになりました~❗ やれやれ~😉 ライフワークの「ケルト」に関する自著は、『 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。