武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

バルト3国レポート(2009年夏)

バルト3国レポート(15)~

投稿日:2010年3月1日 更新日:

きょうから3月です。もう春ですよね~♪
バルト3国のレポートを書きます。
フェスティバルを楽しんだラトヴィアの古都(といっても田舎の町ですが)ツェースィスから列車でエストニアへ入り、終着駅のヴァルガで下車しました。国境の町です。
町の北半分がエストニア、南半分がラトヴィア。真っ二つに分断されています。でもいまは国境検問所なんてなく、自由に行き来ができます。
そんなヴァルガの町からバスでエストニア第2の都市タルトゥへ向かおうとしたのですが、ラトヴィアのお金(ラッツ)しかなかったので、窓口で切符を買えなかったのです。エストニアの通貨はクローンです。
この日は日曜日。銀行が開いていません。困った、困った……!!
受付のおばさんに相談すると、ラトヴィアの方に行ったら大きなスーパーがあるので、そこで両替してもらえるかもとアドバイスを受けました。
さっそく眼に見えない国境を越え、ラトヴィアへ足を入れ、スーパーの店員に両替してほしいと告げたら、きょうは日曜日だから無理と言われ……。ガックリ!
どうしようかと浮かぬ顔をしていたら、サイクリングをしている男性グループから「表のキャッシング・マシーンで両替できるよ。クレジット・カードを持っているんでしょ?」と声をかけられた。彼らはエストニア人でした。
ありがたい。そういう手があったのだ。
難なく両替でき、バスで1時間45分揺られて、タルトゥに到着。
1632年に創設されたタルトゥ大学が町の真んなかにあり、文化的な雰囲気が充満しているひじょうに落ち着いた町です。
タルトゥ(3)
エマユギ川がゆったりと流れ、ラエコヤ広場には観光客が集い、西のトーメの丘には大聖堂跡や旧天文台などがあり、町全体が公園のようなたたずまい。
タルトゥ(4)
タルトゥ(1)
アイルランドで生まれ、イギリスで文学的才能を発揮したオスカー・ワイルドの銅像(左側)があったのには驚きました。
タルトゥに来たことがあるのでしょうね。
タルトゥ(2)
街中が閑散としていました。活気がまったく感じられない。日曜日だからかな。
大学のカフェで夕食をとりました。牛肉の煮込みがすごく美味だった。
そこで見かけたエストニア人の女の子が妖精のように可愛かった~♪
タルトゥ(5)
おっとりした空気がエストニアに漂っていました。

-バルト3国レポート(2009年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バルト3国レポート(13)~

バルト3国レポート(13)~

2月になりました。1年の12分の1が過ぎ去ったということ~です。 「ケルト」紀行の写真集(ヴィジュアル版)=上下巻=を春に出すことになり、その作業にずっと没頭しておりまして……。 元日返上で仕事をして …

バルト3国レポート(14)~

バルト3国レポート(14)~

久々のバルト3国レポートです。忘れていたわけではないし、ギブアップしたわけでもないです。最後までちゃんと報告しますよ~。 きょうはラトヴィアの首都リーガから列車で1時間50分揺られて到着した古都ツェー …

バルト3国リポート(11)~

バルト3国リポート(11)~

美しい街並みを誇るラトヴィアの首都リガで、『バリケード博物館』というなんとも物騒な名をもつ博物館に入りました。 博物館といっても、ふつうの建物の2階部分を展示スペースにした、ひじょうに小さなものですが …

バルト3国レポート(20)最終回~

バルト3国レポート(20)最終回~

久々にバルト紀行のレポートです。そして今回で終了です。 リトアニアの首都ヴィリニュスを皮切りにラトヴィアを経て、エストニアの首都タリンにいたる旅の間、常に心を和ませられたのが若い女性の笑顔でした。 ロ …

バルト3国レポート(10)~

バルト3国レポート(10)~

バルト3国の旅の報告が、ラトヴィアのリエパーヤで止まったままになっていました。きょうは首都リガへ進めます。 リエパーヤの寂れた鉄道駅の前にあるバスターミナルから、長距離バスに揺られ、うとうとしていたら …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。