武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

バルト3国レポート(2009年夏)

バルト3国レポート(20)最終回~

投稿日:2010年4月10日 更新日:

タリン(4)
久々にバルト紀行のレポートです。そして今回で終了です。
リトアニアの首都ヴィリニュスを皮切りにラトヴィアを経て、エストニアの首都タリンにいたる旅の間、常に心を和ませられたのが若い女性の笑顔でした。
ロシア帝国、ナチス・ドイツ、ソ連などの大国に蹂躙されてきた悲痛な歴史を抱えるバルト3国にはどこか暗鬱な空気が感じられます。
けれどもそういう「負の遺産」をバネにして、自国をなんとかグレードアップさせていこうという意気込みが伝わってきました。
その象徴が女性たちの笑顔でした。
ハープサル(3)
街角で彼女たちと視線が合うと、みな素敵な笑みを返してくれました。
とりわけエストニアの女性は美人が多く、愛くるしかった~♪
タリン(7)
ぼくはヨーロッパのほとんどの国を巡ってきましたが、バルト3国の女性の笑顔が一番だと思っています。
そんなわけで最終回のレポートは、タリンで活写した女性たちで締めくくりました。
沈滞する経済、高い失業率、ロシアとの緊張関係……。バルト3国の現状は決して明るくはないのだけれど、国民にスマイルがある限り、それぞれ小国としての知恵を生かし、着実に発展していくでしょう。そう強く願っています。
非常に淡彩な風土なのに、妙に刺激を与えてくれたバルト3国、いい旅を体験させてくれてありがとう~!!

-バルト3国レポート(2009年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バルト3国レポート(18)~

バルト3国レポート(18)~

エストニアのヴォルムスィ島で、予想をはるかに上まわる数のケルト十字架を眼にしてから、村のカフェでビールと軽いランチを取りました。 その店でタリンから遊びに来たという青年と知り合いました。エストニアの若 …

バルト3国レポート(16)~

バルト3国レポート(16)~

文化の香りが漂うエストニアのタルトゥからバスで首都タリンへ向かった。 2時間20分のバスの旅。車窓の光景は草原と森ばかりで、単調と言えばそれまでですが、信じられないほど緑が多いなぁと感心しきり。眼にも …

バルト3国リポート(11)~

バルト3国リポート(11)~

美しい街並みを誇るラトヴィアの首都リガで、『バリケード博物館』というなんとも物騒な名をもつ博物館に入りました。 博物館といっても、ふつうの建物の2階部分を展示スペースにした、ひじょうに小さなものですが …

バルト3国レポート(17)~

バルト3国レポート(17)~

エストニアの西の海に浮かぶヴォルムスィ島へ渡りました。海とはもちろん、バルト海です。 ハープサルからバスで本土の西端にあるロフクラの波止場へ向かい、そこからフェリーに乗り、約50分で島に着きました。 …

バルト3国レポート(14)~

バルト3国レポート(14)~

久々のバルト3国レポートです。忘れていたわけではないし、ギブアップしたわけでもないです。最後までちゃんと報告しますよ~。 きょうはラトヴィアの首都リーガから列車で1時間50分揺られて到着した古都ツェー …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。