武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

バルト3国レポート(2009年夏)

バルト3国レポート(18)~

投稿日:2010年3月18日 更新日:

エストニアのヴォルムスィ島で、予想をはるかに上まわる数のケルト十字架を眼にしてから、村のカフェでビールと軽いランチを取りました。
ヴォルムス(7)
その店でタリンから遊びに来たという青年と知り合いました。エストニアの若者は英語が堪能です。それによく喋る。
ついつい話し込んでしまい、時計を見ると、ハープサル行きのフェリーの出航時間まであと30分に迫っていました。
ヤバイ!
青年に別れを告げ、あわててサドルにまたがり、来た道とはちがって森のなかの土道を突っ走りました。
近道と思ったのがいけなかった。前日の雨で道はぬかるんでおり、何度も自転車を押すハメに……。
結局、桟橋に到着したときには、フェリーははるか洋上でした。
乗り遅れた~!!
次のフェリーまで4時間あったので、のんびりとサイクリングで島を巡りました。
森と平原のなかにポツンポツンと集落が点在しているだけで、ほんとうに静かな島です。
北側の道路を走行していると、原っぱに木や石の造形物が建っていました。
ヴォルムス(9)
ヴォルムス(10)
それが日本の土偶のようにも見え、なかなか面白い。
芸術家が住んでいるのかな。
その近くに風車があり、見入っていると、たくましそうなおばちゃんが笑みを浮かべて近づいてきました。
ヴォルムス(11)
そして英語で「風車のなかが博物館になっています。どうぞ入ってください」と話しかけ、半ば強制的に連れて行かれました。
たしかにスウェーデン移民の歴史を解説したミニ博物館でした。このおばさんもその末裔でした。
「日本人ははじめて。こんどはスウェーデンを旅してください」
写真を撮らせてほしいと言うと、彼女は両手で顔を覆い、首を横に振りました。
かわいいおばちゃんだ。
すっかりリフレッシュでき、フェリーでハープサルへ。ホテルで預かってもらっていた荷物を受け取り、バスで首都タリンへ向かいました。
タリンに到着したのは午後11時近く。緯度が高いとはいえ、さすがに日はとっぷり暮れ、街は闇に包まれていました。
明日はタリンをじっくり散策しよう。そう思って深い眠りに就きました。

-バルト3国レポート(2009年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バルト3国レポート(15)~

バルト3国レポート(15)~

きょうから3月です。もう春ですよね~♪ バルト3国のレポートを書きます。 フェスティバルを楽しんだラトヴィアの古都(といっても田舎の町ですが)ツェースィスから列車でエストニアへ入り、終着駅のヴァルガで …

バルト3国レポート(14)~

バルト3国レポート(14)~

久々のバルト3国レポートです。忘れていたわけではないし、ギブアップしたわけでもないです。最後までちゃんと報告しますよ~。 きょうはラトヴィアの首都リーガから列車で1時間50分揺られて到着した古都ツェー …

バルト3国リポート(12)~

バルト3国リポート(12)~

ラトヴィアの首都リガで、意外な事実を知りました。 映画史にさん然と輝くセルゲイ・エイゼンシュテイン(1898~48年)がこの町で生まれたことを~。この人の業績をたたえる映画博物館があったのです。 エイ …

バルト3国リポート(11)~

バルト3国リポート(11)~

美しい街並みを誇るラトヴィアの首都リガで、『バリケード博物館』というなんとも物騒な名をもつ博物館に入りました。 博物館といっても、ふつうの建物の2階部分を展示スペースにした、ひじょうに小さなものですが …

バルト3国レポート(20)最終回~

バルト3国レポート(20)最終回~

久々にバルト紀行のレポートです。そして今回で終了です。 リトアニアの首都ヴィリニュスを皮切りにラトヴィアを経て、エストニアの首都タリンにいたる旅の間、常に心を和ませられたのが若い女性の笑顔でした。 ロ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。