武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪

『大阪の教科書』~大阪検定公式テキスト~

投稿日:2009年4月12日 更新日:

大阪の教科書
大阪のことをどれだけ知ってはりますか~? その知識度を試す「大阪検定」(主催・大阪商工会議所) の第1回公開試験が6月21日(日)におこなわれます。最近、街中でよくポスターを見かけますよね。
昨今、「○○検定」ばやりですが、「お笑い」「たこ焼き」「タイガース」といったステレオタイプ化された大阪だけやないことを知ってもらう絶好の機会だとぼくは思っています。そんな3つの言葉だけで片づけられるほど、大阪は軽~い街ではありませんからね。
その「大阪検定」の公式テキストが、大阪の教科書(創元社、定価:本体1,900円+税)です。先日、本屋さんのガラスケースにズラリと並べられてあるのを眼にしました。なかなか壮観でしたわ~!
教科書と銘打っていますが、言葉、歴史、地誌、スポーツ、文化・芸術、芸能、暮らしなど大阪を多岐にわたってわかりやすく解説した読み物です。知らないことがいっぱい載っていますよ。読めば、まちがいなく賢くなります~!(笑)。
どうしてぼくがこの本を推すのか。それはもちろん大阪を愛する浪速っ子であるからですが、執筆者のひとりとして名を連ねているからです。
といっても、1項目だけ。「芸術・娯楽」の章の『大阪映画--スクリーンに映し出された実像・虚像』(183~187ページの5ページ分)です。
ぼくが独断的に選んだ大阪映画の代表作10本を通して、大阪の街と人を見据えた内容になっています。さて、どんな作品なのでしょうか~?? 
気になる人は、本屋さんに足を運んでください。あっ、立ち読みで済まさんといてくださいね~♪

-大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エッセイ~『上町台地をゆく(前編)~ママチャリで北から南へ縦断~』

エッセイ~『上町台地をゆく(前編)~ママチャリで北から南へ縦断~』

大阪メトロのアプリ「Otomo!」で、隔月連載しているエッセイ『大阪ストーリー』。 先日、最新記事がアップされました。 テーマは『上町台地をゆく(前編)~ママチャリで北から南へ縦断~』。 ぼくの生まれ …

実は……、身近な上方伝統芸能~(^_-)-☆

実は……、身近な上方伝統芸能~(^_-)-☆

大阪メトロのアプリ「Otomo!」で2か月に一度、「大阪ストーリー」というエッセイを連載しています。 現在、アップされているのが『実は……、身近な上方伝統芸能』。 アプリを利用されていない人のために拙 …

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

オダサクさん(織田作之助)は小説だけでなく、映画にもえらい執心してはりました。   その一端を、30日(火)のオダサク倶楽部6月例会でお話ししようと思うています。 演題は『織田作の映画』です …

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

「梅に鶯、松に鶴、牡丹に唐獅子、勝吉いうたら、このコオロギでっせ!」 勝新太郎と田宮二郎のコンビによる任侠映画の金字塔『悪名』を彷彿とさせる、痛快作『ねばぎば新世界』が10日から順次公開されます。 と …

おおさかシネマフェスティバルでサイン会~(^_-)-☆

おおさかシネマフェスティバルでサイン会~(^_-)-☆

今日は、映画ファンのための映画まつり~『おおさかシネマフェスティバル 2017』でした。   会場は堂島・エルセーランホテル大阪の綺麗なホール。   開演の直後、ステージで拙著『大 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。