武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ヒマラヤ国際映画祭 テーマは「地球を考える」~

投稿日:2009年4月1日 更新日:

ヒマラヤ映画祭
ヒマラヤ
お昼に入ったマクドナルドで福引のクジを引いたら、なんと1年分のチーズバーガーが当たった~!!!
なんてことはありえませんよね(笑)。きょう(4月1日)はエイプリル・フールです。すんません、しょうもないホラを吹いて~。
さて、新年度のスタートです。いろんなイベントがおこなわれる時期になりましたが、ぜひ足を運んでいただきたい映画祭があります。25日~5月6日、京都と神戸で開催される「ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009」です。
なんや、山の映画か~と思っている人が多いかもしれませんが、とんでもない、ひじょうに身近なテーマを扱っています。私たちが暮らしている地球について考えさせられるドキュメンタリー映画が一挙上映されるのですから。
映画祭の広報を担当している友人の西川敦子さん(総合司会もしはります)の熱いメッセージの一部を以下に紹介します。1人でも多くの人に観てもらいたいです。
「世界規模の経済危機が叫ばれていますが、国民総生産ではなく、“国民総幸福量”政策をとるブータンの人々の生き方を見てみませんか? チベットの遊牧民の深いしわの刻まれた手に、自然と人間の共生や葛藤を見てみませんか? 美しいヒマラヤの氷河が驚くべきスピードで溶けています。ヒマラヤ地域にも近代化の波が押し寄せています。近代化? 経済第一? 貧困?……–幸せて何でしょう?
環境/政治・人権/貧困・開発/冒険/文化–5部門の30作品。
地球温暖化。自然や伝統文化の保護、継承。経済発展と伝統保持の葛藤、貧困か開発か。内戦、紛争。チベット問題。人権問題–。ヒマラヤから発せられるメッセージは地球規模の普遍的な問題を訴え、私達に、深い示唆を与えてくれます。
ヒマラヤは世界の鏡です。政治的、社会的に鋭い問題意識をはらんだ映画だけではなく、人々の生活に優しくカメラが寄り添った作品、ライダーがバイクにまたがり、ヒマラヤを走破する冒険心いっぱいの、わくわくするような作品、チベット仏教に迫る作品など、上映作はヴァラエティに富んでいます。
政治に関心のある人にも、民族や伝統文化に興味のある人にも、また、登山愛好家の方にも、幅広く,楽しんでいただける事と自負しております。
いずれの作品も、ヒマラヤの壮大で、かつ繊細な風景はとても美しく、人々の表情も魅力的で、驚くほど、日本人との共通点があり、心揺さぶられます」
ということで、関心を持たれた方、映画祭のHPをご覧ください。
■ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009 公式ホームページ
PC用 http://himalaya2009.jakou.com/
携帯用 http://himalaya2009.jakou.com/mobile/index.html

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』、24日(日)、とよなか国際交流センターで!

『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』、24日(日)、とよなか国際交流センターで!

以前にも告知させてもらいましたが……。 『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND!』(日本スコットランド交流協会関西支部主催)。 こんなタイトルで、脱線しまくりながら(笑)、お話しします …

ヤバイ2人組が織りなす大阪活劇コメディー~『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

ヤバイ2人組が織りなす大阪活劇コメディー~『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

大阪のアウトロー映画。 昨年夏公開の『後妻業の女』に続き、原作が大阪在住の作家、黒川博行の小説。 金に目がくらんだ人間模様といい、毒気のある作風といい、両作のテイストはよく似ている。 こちらはコミカル …

異色のドキュメンタリー映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』

異色のドキュメンタリー映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』

世の中には(いい意味で)けったいな人がいてはりますね。 ハーマン・ヴァスケというドイツ人男性もその1人。 大学で創造性について研究し、広告会社に入ってクリエイティブ部門で働いているうち、「そもそも創造 …

13年間続けてきた日経新聞の「シネマ万華鏡」……終焉と相成りました

13年間続けてきた日経新聞の「シネマ万華鏡」……終焉と相成りました

昨日、アップした日経新聞の「シネマ万華鏡」の拙稿。 金曜日夕刊の文化面で月に2度、映画の原稿を寄稿していましたが、昨日をもって「上がり」となりました。 2006年からなので、13年間も続けてきたことに …

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

『浪花の映画大特集』が始まった大阪・九条の映画館シネ・ヌーヴォで、トークショーを終え、帰ってきました。 谷崎潤一郎の名作『春琴抄』を巨匠・伊藤大輔監督が映像に甦らせた『春琴物語』の上映後のイベント。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。