武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

投稿日:

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴのミステリー『複製された男』が映画化され、18日から全国で公開されます。

 

自分と同じ人物と出会った男の数奇な物語(???)。

 

いろんな仕掛けがあり、ヒチコック風味の不気味な演出でグイグイ引っ張っていきます。

 

カナダ人の実力派ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と主演ジェイク・ギレンホールの息がピッタリ合っていました。

 

http://fukusei-movie.com/

 

この原作本(彩流社)が2年前、訳者の阿部孝次さんから贈られてきました。

 

この人、ぼくの古巣新聞社(東京)に勤めながら、ポルトガル語の本を積極的に翻訳してはります。

 

10年来のおつき合いです。

 

こちらも読ませる!!

 

プレスシート(マスコミ向けの資料)にも翻訳家として解説されています。

 

新聞社の名を出さないところがカッコええなぁ~(^^)/

 

阿部さん,今、せっせとページを繰っていますよ。

 

-映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

18日(水)PM8:00~、堺のバーWhisky Catで『ウイスキー アンド シネマ』のトークショー開催~(^^)/

18日(水)PM8:00~、堺のバーWhisky Catで『ウイスキー アンド シネマ』のトークショー開催~(^^)/

ぼくの新刊『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』(淡交社)が刊行されてから4か月以上が経ったのに、今なおマスメディアで紹介されています。   3日前(5月30日)には、古巣の読売 …

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

Ⓒ2018「人魚の眠る家」製作委員会 臓器移植が絡み、揺れ動く親の心情。 そこに科学技術が介在してくる。 生命倫理と愛情の狭間で生じる極めてシリアスな問題をミステリー・タッチで描き上げた。 原作は作家 …

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

きのうの日経新聞夕刊、「関西タイムライン」欄にぼくの寄稿が載りました。 映画の発祥地についてずっと訴えていることですが、見出しの横に「武部好伸氏寄稿」とドカーンと銘打たれるとはびっくりポンでした~(^ …

恐るべし、お婆ちゃんパワー!!~『デンデラ』

恐るべし、お婆ちゃんパワー!!~『デンデラ』

(C) 2011「デンデラ」製作委員会 お婆ちゃんパワーが炸裂!!  浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子、山口果林、白川和子、赤座美代子……。 酷寒の銀世界の中で、老婆に扮した錚々たるベテラン …

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

大阪・中之島のリーガ・ロイヤルホテルの公開講座『シネマへの誘い~映画を10倍楽しむ』も、いよいよ28日が最終となります。 テーマは『私が選んだラブ・ロマンス映画ベスト10』。 あえて最近の作品を外し、 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。