武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪

街の品格ってなんやろ……。いまの心斎橋筋を見て~

投稿日:2009年3月29日 更新日:

心斎橋
心斎橋筋は大阪を代表する商店街です。人通りが絶えることなく、いつも活気に満ちあふれています。景気の低迷で昨今、あまり見かけなくなりましたが、それでも買い物目当ての外国人観光客が少なくありません。
そんな心斎橋筋をぼくはよく通るのですが、年々、違和感を抱くようになってきました。
どこにでもありそうな商店街になりつつあると……。
味のある老舗がどんどん姿を消していき、それに代わってチェーン店のドラッグストア、ゲームセンター、ブティックなどが目立ってきました。
いずれも若者を対象にした店です。実際、心斎橋筋を闊歩しているのはヤングが主流です。もはや年配者には場違いなところになったのか、それとも居心地が良くないのか、ほんとうに〈大人〉を眼にしなくなってきました。
ぼくの幼かったころ、心斎橋筋や道頓堀はまさに〈晴れの場〉で、親に連れて行かれるときは、きまってよそ行きの服を着せられました。それほどまで大阪の確固たるブランドとして全国にその名をとどろかせていたんです。
それがいまや、様変わりしました。落ち着いた風情がなくなったというか、とにかく商店街に漂う空気が軽い! 悪く言えば、品性が失せてしまいました。
これも時代の流れなのでしょうかね。ぼくのような浪速っ子にとっては、哀しくてなりません。かつては東京の銀座と張り合っていたのに……。あゝ、昔の面影はいずこに~。
地方の商店街は疲弊し、シャッターが閉ざされたところが多いです。そういう厳しい現状を鑑みると、心斎橋筋は考えられないほど恵まれています。でも、本来の姿ではありません。いったいどうなっていくのでしょうか。
新しい店舗の狭間で、踏ん張っている老舗には心から拍手を送っています。
街の品格ってなんやろ~とふと考える今日このごろです。

-大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪のヒロイン~大阪自由大学連続講座

大阪のヒロイン~大阪自由大学連続講座

気がつけば、節分が過ぎ、今日は立春です。   あっと言う間に2014年の12分の1が終わってしまいました。   告知するのをうっかり忘れていたのですが、市民に開かれた学びの場を提供 …

30日(金)、写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~!!

30日(金)、写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~!!

先日、ご紹介しました写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』(発行:トゥーヴァージンズ)。 その出版記念トークイベントが30日(金)19時から、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田M …

『上町台地をゆく~ママチャリで北から南へ縦断~』の後編:Osaka Metroのアプリ「Otomo!」にアップ中

『上町台地をゆく~ママチャリで北から南へ縦断~』の後編:Osaka Metroのアプリ「Otomo!」にアップ中

Osaka Metroのアプリ「Otomo!」で連載しているエッセイ「大阪ストーリー」。 先日、アップされたのが『上町台地をゆく~ママチャリで北から南へ縦断~』の後編です。 「いくたまさん」(生國魂神 …

『大阪の教科書 増補改訂版』~〈映画〉の章で書いています!!

『大阪の教科書 増補改訂版』~〈映画〉の章で書いています!!

大阪検定の公式テキストでもある『大阪の教科書』が3年ぶりに増補改訂され、きょう、出版社(創元社)から献本として1冊、届きました。 ぼくは『大阪映画 スクリーンに映し出された実像・虚像』というタイトルで …

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

インドから帰って来て2日後の5月31日、関西大学社会学部メディア専攻の講座「メディア史」(2限)に登壇しました。 『日本の初期映画史~大阪と映画』 こんな演題で、映画がいかにして日本に入ってきたのか、 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。