武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

投稿日:2008年1月16日 更新日:

フランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩くフランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩く
著者:武部 好伸
販売元:彩流社
発売日:2003-07
定価:2300円+税


 フランスのなかの異色の地。2002年夏、大西洋ににょきっと突き出たブルターニュ地方を訪れ、「ケルト」の濃厚な空気にたっぷり浸ることができました。
各地に残るアーサー伝説、ケルト語の一種ブルトン語、聖アンナ信仰、「ケルト」神話に彩られた奇妙な巨石群……。なかでもブルターニュやアイルランド、スコットランドなど〈ケルト文化圏〉のミュージシャンが一堂に会する、港町ロリアンで開催されたインターケルティック・フェスティヴァルの盛り上がりようは忘れられません。
「知られざるフランスを少しでも知ってもらいたい~」。そんな願いを込めて、この本を執筆しました。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:1999-09 定価:2500円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻の記念すべき第1弾です。 …

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2005-08定価:2300円+税 中央ヨーロッパから東方へ移動した古代ケルト人の足跡を求めて、2003年の夏、 …

〈洋酒の精〉に乾杯! ボビーズ・バー

〈洋酒の精〉に乾杯! ボビーズ・バー

ボビーズ・バー“洋酒の精”に乾杯!著者:武部 好伸販売元:新風書房発売日:2004-09定価1200円+税  大阪にバーは数あれど、強烈なインパクトを受けた店はここしかなかったです。日本のバー文化のた …

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑~謎の民ピクト人を追って』

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑~謎の民ピクト人を追って』

スコットランド「ケルト」の誘惑 著者:武部 好伸 販売元:言視舎 発売日:2013-07-26 定価:2415円 謎の民、ピクト人とは何者か? 「ケルト」を追って10年以上、ヨーロッパのほぼ全域、英国 …

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩く 著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2001-10  アイルランドを変化球で斬りたい。ならば、英国領北アイルランドの「ケルト」を探ればいいのでは……。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。