武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

シリーズ第4弾  『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行~古代遺跡を歩く』

投稿日:2008年1月17日 更新日:

中央ヨーロッパ「ケルト」紀行―古代遺跡を歩く中央ヨーロッパ「ケルト」紀行―古代遺跡を歩く
著者:武部 好伸
販売元:彩流社
発売日:2002-09
定価:2200円+税


 「ケルト」の源流を見たい~! そんな思いを抱き、2001年夏、オーストリア、ドイツ、スイス、フランスのブルゴーニュとプロヴァンスを巡ってきました。
古代ケルトを語るうえで欠かせないオーストリアの山岳地帯ザルツカンマーグーツの中心地ハルシュタット、ケルト文化のエッセンスともいえるラ・テーヌ文化の名を与えたスイス北西部ヌーシャテル湖畔のラ・テーヌ、カエサルひきいるローマ軍とガリア連合軍が激突したブルゴーニュのアレシアの丘……。どこも古代ケルトの世界を彷彿させるところばかりでした。
アイルランドやスコットランドが「ケルト」の地とよく呼ばれていますが、じつはヨーロッパ大陸をルーツにしていること、そしてヨーロッパ文化の基底には「ケルト」が厳然としてあったことがわかりました。この本を読めば、古代ケルトのイロハがわかると思います。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2005-08定価:2300円+税 中央ヨーロッパから東方へ移動した古代ケルト人の足跡を求めて、2003年の夏、 …

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行―名作の舞台を訪ねて著者:武部 好伸販売元:論創社発売日:1998-06定価2000円+税  アイルランド、英国のスコットランド、ウェールズ、コンウォール、マン島といった〈ケルト文化圏〉 …

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:1999-09 定価:2500円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻の記念すべき第1弾です。 …

ぜんぶ大阪の映画やねん

ぜんぶ大阪の映画やねん

ぜんぶ大阪の映画やねん (平凡社新おとな文庫―楽)著者:武部 好伸販売元:平凡社発売日:2000-11定価1600円+税  ぼくは生粋の浪速っ子。しかも映画大好き人間ときてる。ならば、大阪と映画をドッ …

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

スペイン「ケルト」紀行―ガリシア地方を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2000-05定価:2200円+税  ぼくが「ケルト」に興味を抱いてからも、長らくスペイン北西部ガリシア地方のことなどま …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。