武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

投稿日:2008年1月18日 更新日:


北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩く
著者:武部 好伸
販売元:彩流社
発売日:2001-10


 アイルランドを変化球で斬りたい。ならば、英国領北アイルランドの「ケルト」を探ればいいのでは……。北アイルランドは、カトリックとプロテスタンとのあいだで長年、血生臭い紛争がつづいていたところです。
1998年に和平プロセスがスタート。「今なら行けるかも~」と2000年夏、英国・スコットランドからフェリーで北アイルランドの首都ベルファストへ渡りました。紛争の残滓をあちこちで眼にしましたが、その陰で「ケルト」の遺産がしっかりと残っていました。
神話の世界に彩られたジャイアンツ・コーズウェイ(世界遺産)、古代アルスター王国の都エウィン・ワハ(ナヴァン・フォート)、墓地にたたずむ「ケルト」の神像……。それらを北アイルランドの現状をからめてルポしました。かなりジャーナリスティックな内容になっています。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

イングランド「ケルト」紀行―アルビオンを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2006-10定価:2500円+税 イギリスの半分以上を占めるイングランドの「ケルト」を探る旅です。2005年夏に敢行 …

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2005-08定価:2300円+税 中央ヨーロッパから東方へ移動した古代ケルト人の足跡を求めて、2003年の夏、 …

〈洋酒の精〉に乾杯! ボビーズ・バー

〈洋酒の精〉に乾杯! ボビーズ・バー

ボビーズ・バー“洋酒の精”に乾杯!著者:武部 好伸販売元:新風書房発売日:2004-09定価1200円+税  大阪にバーは数あれど、強烈なインパクトを受けた店はここしかなかったです。日本のバー文化のた …

シリーズ第6弾  『ウェールズ「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』

シリーズ第6弾  『ウェールズ「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』

ウェールズ「ケルト」紀行―カンブリアを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2004-07定価:2300円+税  2003年の夏、イギリス西部のウェールズをほぼ踏破してきました。ケルト語の一種ウェ …

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:1999-09 定価:2500円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻の記念すべき第1弾です。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。