武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画愛が煮詰まった本『元町映画館ものがたり』

投稿日:

神戸に足を向けると、道幅の広い三宮センター街から元町商店街の西端(西元町)までよくそぞろ歩きます。

大阪の狭い商店街とは違って「ゴチャゴチャ感」がなく、妙に開放感に浸れますから(笑)。

知らぬ間に街の表情が変わっているのを見て、時の移ろいを実感させられていますが、そんななか、元町4丁目にずっと気になっていた場所がありました。

元々はパチンコ屋、それが潰れて廃屋になり、その後、百均ショップに変身。

このあとどうなるんやろと思うていたら、なんと映画館が誕生していました!

それが元町映画館。

映画愛好家が集って作り上げたこだわりのミニシアターです。

2010年8月21日にオープンというから、もう11年前になるんですね。

映画館の設立から今日までの歩みを軸に一切合切をまとめた本が出版されました。

『元町映画館ものがたり 人、街と歩んだ10年、そして未来』(元町映画館出版プロジェクト、本体2,700円)

スクリーンをあしらったカバーがすごく可愛いです。

こんな「遊び心」に満ちあふれた本を手にするのは久しぶり。

ウキウキしてページを繰ると、なんとも熱い、熱い〈映画愛〉に圧倒されました。

街中で映画館を営む意味、個性豊かなスタッフの横顔、コロナ禍で臨時休館に追い込まれた時の無念さ……。

確かに映画館を説明した本ですが、映画が好きで好きでしゃーない人たちの想い(愛)が凝縮されています。

だから、ビンビン心に響いてくるんですね。

巻末の年表は資料・記録として大いに価値あり。

試写室でよくお目にかかる映画ライターの江口由美さんが責任編集という大役を務めてはります。

ホンマに素敵な映画本ですよ。

元町映画館と神戸の書店には置いてあるそうですが、オンラインでも購入できます。

映画に関心のある人、ぜひ手に取ってください!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が紹介されました!

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が紹介されました!

新刊『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の紹介記事が、先日、古巣新聞社(読売新聞大阪本社)の本日夕刊に載りました。 元同僚の文化部N記者、ありがとさんです~ 読売新聞大阪本社 10月22日付夕 …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(7)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(7)

2月に突入。 きょうからプロ野球のキャンプインです。 うきうきする反面、今年も12分の1が過ぎ去ってしまったと思うと、ちと焦りも~??(゜Q。)?? さて、オススメ本の7回目です。 【い …

単行本『安倍三代』(朝日新聞出版)~安倍首相のもう1つの系譜を徹底検証

単行本『安倍三代』(朝日新聞出版)~安倍首相のもう1つの系譜を徹底検証

非常に面白い本を読破しました。   『安倍三代』(朝日新聞出版)。     現在、総理大臣で自民党総裁の安倍晋三、父親の自民党代議士、安倍晋太郎、父方の祖父、安倍寛(かん …

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(8)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(8)

お酒に合う本の8回目です。 【ヒーロー気分を味わえる本】 『007/カジノ・ロワイヤル【新版】』 イアン・フレミング *創元推理文庫 2006年 昨今、少し陰が薄くなったけれど、007ことジェームズ・ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。