武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

濃密な取材で書かれた渾身の本『双翼の日の丸エンジニア ゼロ戦と飛燕の遺伝子は消えず』

投稿日:

『双翼の日の丸エンジニア ゼロ戦と飛燕の遺伝子は消えず』(学研プラス)

敗戦で打ちひしがれていた中、熱き創作魂を胸に「モノづくり」に取り組んだ2人の日本人エンジニアの歩みを克明に記した本で、グイグイ引き込まれています。

海軍のゼロ戦と陸軍の飛燕。

世界に名だたる戦闘機を手がけた堀越二郎と土井武夫という稀代のエンジニアの教え子、葛城衛(かつらぎ・まもる)と百合草三佐雄(ゆりくさ・みさお)の物語です。

葛城は世界で初の本格オートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα-7000」を、百合草は世界最速の大型バイク「カワサキZ1」をそれぞれ開発しました。

ちゃんと技術の血脈が受け継がれているんですね。

筆者は、懇意にしている元産経新聞記者の戸津井康之さん。

ありがたく謹呈していただきました~😁

戸津井さんが文化部記者の時に試写室で知り合い、ぼくが本を上梓するたびに紙面できちんと紹介してくれはりました。

3年前、いきなり文化部編集委員の職を辞し、中途退職した時はびっくりポンでした。

そんな彼が理科系バリバリの本を著すとは……。

でも新聞社の前、IBMで勤務されていたので、納得できました。

「この物語を世に伝えるために、私は現在持つすべてのエネルギーを傾注しようと決めた」

〈おわりに〉で記された戸津井さんの気概にぼくは胸を打たれました~😍

ページを繰るごとに、強い使命感が伝わり、同時に濃厚な取材に圧倒されています。

素晴らしい~‼️

改めてご出版、おめでとうございます~🎁🎂🎉

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』 こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。 昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めな …

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

映画配給会社の試写室にはいろんな人が来はります。 新聞社の映画担当記者、浜村淳さんに象徴されるタレント、放送、雑誌、ネット系の映画担当者、映画ライター、その他映画業界の関係者……。 そんな中で異色な人 …

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)、ようやくゴールイン~(^_-)-☆

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)、ようやくゴールイン~(^_-)-☆

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の見本が届きました~❗ ようやくゴールインです。 やれやれ~(#^^#) これで通算、22冊目(自費出版の1冊を含む)の自著となり …

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の打ち上げ&忘年会~(^_-)-☆

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の打ち上げ&忘年会~(^_-)-☆

昨夜(8日)は、最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の編集者、デザイナー(装丁)、イラストレーター、そして著者(ぼく)が一同に会しての「打ち上げ&忘年会」 …

マルセル事件……。   年配者の方は鮮明に覚えてはるでしょうね。   1968年、ロートレック展を開催中の京都国立近代美術館から名画『マルセル』が盗まれ、8年後(76年)にその絵画 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。