武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画 音楽

レディー・ガガが弾けた!!~音楽映画『アリー/ スター誕生』(21日から公開)

投稿日:

リメーク映画はよほど斬新でなければ成功しない。

4度目となる本作は、初主演の歌手レディー・ガガのボーカルを前面に打ち出した。

演技派俳優ブラッドリー・クーパーも主役を兼ねて初監督にチャレンジ。

初モノ尽くしが功を奏した。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

人気歌手ジャクソン(クーパー)が場末のバーに立ち寄り、シャンソンの「ラ・ヴィ・アン・ローズ(バラ色の人生)」を歌うアリー(ガガ)の美声に魅せられる。

掴みとして申し分ない。

この男から誘われ、ステージで共演した彼女は歌手になる夢を実現できると感じ、ウエートレスを辞める。

同時に2人の間に恋情が芽生え、結ばれる。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

非常に分かりやすい展開だ。

アリーが彼を有名人ではなく、人間として惹かれるところがミソ。

感性と相性が見事にマッチし、信頼を寄せ合っていく過程がほほ笑ましい。

その後は過去の「スタア(スター)誕生」と同様、妻が人気者になるにつれ、夫が堕ちていく。

温度差の大きさが嫉妬心と葛藤を増幅させる。

本音のぶつかり合いが映画の核心部分だ。

男が酒とドラッグに走るのは定石で、ここでも深みにはまり込んでいく。

それをアリーが仕事と両立させ、いかに歯止めをかけようとするか。

涙ぐましい奮闘が見せ場になっている。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

自ら新曲を書き下ろしたガガの歌唱力が際立つ。

圧巻だ!!

ヒロインの生き方が、クラブのダンサーから今日の地位を築いた歌姫の足跡と重なって見える。

コンサートの場面では、全て舞台上の演者視線で撮影されており、内面描写に迫るためにクローズアップを多用。

ガガに負けじと歌声を披露したクーパーの演出が存外にこだわっていた。

全編、レディー・ガガの映画と言ってもいいかもしれない。

演技に対する熱量が半端ではなかった。

夫婦愛をドラマチックに描いた濃厚な音楽映画だった。

2時間16分

★★★★

☆12月21日(金) 大阪ステーションシティシネマほか全国公開

(日本経済新聞夕刊に2018年12月14日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男女の対決(?)、テニス界世紀の一戦を再現~米映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

男女の対決(?)、テニス界世紀の一戦を再現~米映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

ベトナム戦争の和平協定が締結された1973年、アメリカで世界が注目したテニスのビッグマッチが行われた。 現役の女子世界チャンピオン、ビリー・ジーン・キングと元男子王者ボビー・リッグスとの対戦。 29歳 …

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント~! 11月18日(土)午後3時~、大阪・谷町6丁目の隆祥館書店で開催されます。 映画とウイスキ …

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

これは観させる映画でした。   子供が主人公の映画は、ともすれば嫌味っぽくなりがちですが、本作はビンビン心に響きました。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆   …

堺・中百舌鳥でプチ同窓会~(^.^)/~~~

堺・中百舌鳥でプチ同窓会~(^.^)/~~~

昨夜、堺・中百舌鳥のバー、ウイスキー・キャッツで「プチ同窓会」~😁 店主の大谷さんとジャズのピアニスト➕ボーカリストの吉田美雅さんと3人で、めちゃめちゃ楽しいひと時を過ご …

銀幕を彩った大阪の女優たち

銀幕を彩った大阪の女優たち

昨日、大御所の山田五十鈴さんが亡くなりはりました。  この人、大阪はミナミの千年町(宗右衛門町のすぐ北側)で生まれた浪花っ子です。   溝口健二監督のトーキー第1作『浪華悲歌(えれじい)』( …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。