武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

エッセー 日記 映画

映画評論家……についての思い

投稿日:

先日、映画絡みの講演を依頼され、その担当者とのやりとり。

「肩書は映画評論家ですよね」

「ちゃいますよ」

「映画関係の本を何冊も出しておられ、新聞にも映画評を寄稿しておられるでしょ」

「はい、でも映画評論家とちゃいますねん。エッセイストです」

「???」

「評論なんてしてませんから」

「???」

以下、ぼくの持論です。

日本にはやたらと「映画評論家」と称する人が多いです。

「映画ライター」とするよりも箔がつくからでしょうかね。

世間的にもその方が通りがええかもしれませんね。

でも、ガチンコで評論するとなるとほんまに難しい。

ぼくはできませんし、その気もありません。

それよりも自分で「表現」したいです!!

だから、正直、評論家というのが好きではありませんねん(笑)。

他の芸術・芸能・文化の領域を見ると、文芸評論家、美術評論家、音楽評論家……がいかに少ないか。

良く言えば、映画は娯楽性が強く、近しい存在にあるからなのでしょう。

悪く言えば、映画を軽く見すぎている……。

欧米で、映画評論家と名乗っている人はほんまに少ないですよ。

まぁ、社会から「映画評論家」と認められておれば、それは全くノープロブレムですが、あまりにも「自称」の人が多いような気がします。

「ジャーナリスト」の肩書もそうですね(笑)。

その他いろんな分野で、少し専門知識があると、安易に「〇〇評論家」の肩書をつけてしまいます。

日本人は「評論家」がお好きなんですね。

日ごろ思っていることをつらつらと書かせていただきました。

-エッセー, 日記, 映画

執筆者:


  1. 島川 より:

    政治家、小説家等「家」のついた肩書を名乗っている連中に禄なのおりまへんな。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョン・レノン没後30年……

ジョン・レノン没後30年……

きょう12月8日は、日本と日本人にとって忘れられない日です。 太平洋戦争に突入した開戦記念日。 65年前のことです。 NHKスペシャルドラマで放映されている『坂の上の雲』で描かれた、愚直なほど気骨なる …

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

  Ⓒ 2011 Schmidtz Katze Filmkollektiv GmbH, Studio Filmowe Zebra, Hidden Films Inc. All Rights …

慢性副鼻腔炎の日帰り手術リポート

慢性副鼻腔炎の日帰り手術リポート

昨日の午後零時半、サンダル履きで近くの耳鼻咽喉科医院へ。 手術着に着替え、ベッドに横になるや、顔に覆いをかぶせられました。 てっきり術中の様子をテレビカメラで観られると思っていたので、ガックリ。 ドク …

新聞の一面コラムに載りました~!!

新聞の一面コラムに載りました~!!

まずは下の新聞記事をご覧ください。 「武部さん、今朝の大阪日日新聞に出てまっせ」と知人から教えてもらい、あわててその新聞を買い求めました。 何か悪いことでも?? 心当たりがないけれど……。 恐る恐る、 …

72回目の敗戦の日……。

72回目の敗戦の日……。

ソ連兵の顔が見えるソ満国境(中国東北部)で守備隊を務めてたんや。 向こうの兵士、まだ幼かった。 こっちも20代前半やったけど。 凍傷におびえながらその酷寒の地で2年ほど駐屯していたら、いきなり九州の宮 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。