«

»

8月 24

老宰相の苦悩をあぶり出す~英国映画『チャーチル ノルマンディーの決断』(25日公開)

第2次大戦時に英国を率いたチャーチルの映画を今年、2本も観られるとは思わなかった。

本作は連合国を勝利に導いたノルマンディー上陸作戦をめぐり、苦悶する老首相の姿を赤裸々に浮き彫りにする。

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

3月公開の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』では、1940年5月10日に首相就任直後、ダンケルクの撤退作戦を決断した強靭なリーダー像を前面に打ち出した。

ここではその4年後に焦点を当てている。

戦争が長引き、さすがの名宰相も指導力やカリスマ性に翳りが出てきた。

70歳。

老いも忍び寄る。

そんな時、上陸作戦が立案される。

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

この作戦に唯一、異を唱えたのがチャーチルだった。

全く知らない事実とあって驚いた。

反対理由が次第に物語の重しになってくる。

主演を務めた英国演劇界の重鎮ブライアン・コックスが圧倒的な存在感を示した。

連合軍最高司令官アイゼンハワー(ジョン・スラッテリー)に自分の意見が却下され、うつ状態になっていく様子が秀逸だ。

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

作戦を呪い、中止されんことを祈願する場面では、シェークスピア悲劇のリア王のごとく仰々しいセリフ回しを披露。

この俳優ならではの風格ある立ち居振る舞いにうならされた。

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

『ウィンストン・チャーチル~』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンに比肩しうる演技力を見せた。

どちらがチャーチルに似ているかといえば、コックスの方に軍配を挙げたい。

オーストラリア人のジョナサン・テプリツキー監督は作戦決行までの96時間を丁寧に再現。

「独り芝居」を際立させ、あえて地味な映像に仕上げた。

その中で妻クレメンティーン(ミランダ・リチャードソン)との夫婦愛を滋味深く描いた。

どこまでも寄り添う2人。それが映画のテーマのような気がした。

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

© SALON CHURCHILL LIMITED 2016

1時間45分  

★★★★(見逃せない)

☆25日(土)~テアトル梅田、T・ジョイ京都、9月15日(土)~シネ・リーブル神戸で公開。

(日本経済新聞夕刊に2018年8月24日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">