武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒 映画 講演・トークショー

豊中のショットバー・リーでのトークライブ~『ビバ! 『ウイスキー アンド シネマ 』、大成功でした!

投稿日:2017年11月27日 更新日:

昨日、豊中・服部のショットバー・リーで、『ビバ ❗ ウイスキー アンド シネマ』と題してトークライブを行いました。

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントの第2弾です。

ちょうど大阪マラソンの日とあって、御堂筋にほど近い自宅周辺は大いに賑わっていまして、5年前と3年前、レースに出場し、必死のパッチで御堂筋を走っていたことを懐かしみながら、北摂の豊中へ。

お店でパソコンとプロジェクターをセットしてから、まずは腹ごしらえと近くの中華料理店で、美味なニラそば、餃子、唐揚げ、エビチリをがっつきました。

午後3時からトークライブがスタート。

常連客、バーテンダー、映画好き、ウイスキー好き、その他イッチョカミの人……と20人近くの方が来られ、店内は熱気ムンムン~。

ぼくは「聖域」のカウンターの中に入り、パソコンを操作してパワーポイントで画像をバンバン流しながら、お話ししました。

終始、和気あいあいとした雰囲気。

実にええ塩梅のうちに無事に終了しました。

その後、来られた方たちとグラスを片手に語らい、二次会は焼き肉、そして三次会はシングルモルトで締めました!!

そんなこんなですごく楽しかったです(笑)

皆さん、オーナーのサトミさん、ほんまにありがとうございました!!

発刊記念イベントの第3弾は来月22日、北新地のバーUKで開催されます(すでに満席)。

そして第4弾は、南大阪・堺のバーKANEDAで暮れも押し詰まった28日に行う予定です。

-お酒, 映画, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

喜劇王、チャップリン。   この人が亡くなって、もう36年も経つんですねぇ。   『キッド』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』……。   映画史にさん然と輝く名作が …

ベタつき感のない大阪映画~『オカンの嫁入り』

ベタつき感のない大阪映画~『オカンの嫁入り』

      ©2010『オカンの嫁入り』製作委員会 このタイトルを観て、ウ~~ンと引く人がいるかもしれないが、この映画は見応えありますよ。 今日の日本経済新聞夕刊に掲載されたぼくの映画エッセ …

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。 あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。 *      *      *  …

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

©SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014   死んだはずの人物が生きていた。   ドラマでたまに使われる設定だが、それを存分に活かし、夫婦再生の心理 …

罪深き逃避行~『八日目の蝉』

罪深き逃避行~『八日目の蝉』

話題の映画『八日目の蝉』の映画エッセーをどうぞ。      (C)2011映画「八日目の蟬」製作委員会 愛情を一杯注いで育ててくれた母親が、自分を誘拐した犯人だった。 あっと驚く展開の中 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。