武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

投稿日:

これは観させる映画でした。

 

子供が主人公の映画は、ともすれば嫌味っぽくなりがちですが、本作はビンビン心に響きました。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

                                                                       (c)Universal Pictuers

陰謀渦巻く中、子供たちが勇気を持って街を駆け抜け、希望の灯をともした。

 

ブラジル・リオデジャネイロ近郊のスラムを舞台に繰り広げられるとびきりスリリングな物語。

 

社会問題を絡ませ、一味違った娯楽作に仕上がっている。

 

主人公はゴミ山をあさって暮らしている3人の少年たち。

 

彼らは米国人のジュリアード神父(マーティン・シーン)に保護されているとはいえ、非常に厳しい環境の中で生きている。

 

サッカーW杯、来年の五輪開催などで経済的発展が著しいブラジルの現実を容赦なく突きつける。

 

強烈な格差社会を冒頭で印象づけてから、ドラマが動き出す。

 

ある日、少年がゴミの中から財布を見つけた。

 

それが発端だ。

 

開けると、現金、身分証明書、アニマルロトのカード、少女の写真、コインロッカーの鍵などが入っている。

 

財布に隠された謎を解明すべく3人が行動に移すや、警察の手がじわじわと迫ってくる。

 

その追走劇の何と凄まじいこと。

 

一難去ってまた一難。疾走感を伴い、息をもつかせぬ展開に圧倒された。

 

そこには活劇の要素が全て盛り込まれている。

 

スティーヴン・ダルドリー監督はデビュー作「リトル・ダンサー」と同様、本作でも苦悶しながら、成長する少年の姿を繊細に活写した。

                                                                           (c)Universal Pictuers

 

オーディションで選ばれた無名の3少年が銀幕の中で弾け、生き生きしている。

 

絶対に諦めない気概にも共感できた。

 

フェデリコ刑事(セルトン・メロ)の陰湿な執拗さが彼らをより輝かせた。

 

ピュアな子供と汚れた大人。

 

この明快な二極構図が映画の核。

 

ただ、警察を悪の権化として描き過ぎた。

 

「正しいことをしたい」

 

天使のような少年たちの心が、弱者の視点に立つ監督の眼差しと重なった。

 

英語至上主義に背を向け、現地語のポルトガル語で通した点も高く評価したい。

 

1時間54分。★★★★

 

(日本経済新聞2015年1月9日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『最高の人生の見つけ方』の記者会見記(エッセイ)~(^_-)-☆

映画『最高の人生の見つけ方』の記者会見記(エッセイ)~(^_-)-☆

現在、公開中の日本映画『最高の人生の見つけ方』で共演した吉永小百合さん、天海祐希さん、前川清さんがキャンペーンで来阪し、先日、大阪市内のシティホテルで合同記者会見が開かれました。 ぼくも配給のワーナー …

恐るべし、お婆ちゃんパワー!!~『デンデラ』

恐るべし、お婆ちゃんパワー!!~『デンデラ』

(C) 2011「デンデラ」製作委員会 お婆ちゃんパワーが炸裂!!  浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子、山口果林、白川和子、赤座美代子……。 酷寒の銀世界の中で、老婆に扮した錚々たるベテラン …

見せるアニメ『ブレンダンとケルズの秘密』~大阪ヨーロッパ映画祭

見せるアニメ『ブレンダンとケルズの秘密』~大阪ヨーロッパ映画祭

ケルズの書--。 言わずと知れた「アイルランドの至宝」といわれるキリスト教の福音書です。 渦巻き文様、組みひも文様、螺旋などを駆使した、これぞケルト美術のエッセンスというべき精緻極まる装飾が施されてい …

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

今日は朝からウキウキ~ なぜなら、ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の試写があるから。 そして、先ほど観ました~ 案の定、アドレナリン濃度が一気に上昇~ 1960年代後半から1 …

日本最高齢の監督、新藤兼人のラスト作~『一枚のハガキ』

日本最高齢の監督、新藤兼人のラスト作~『一枚のハガキ』

ポーランドの旅で奇跡的に会えた巨匠アンジェイ・ワイダ監督は85歳です。 そのワイダ監督を14歳も上まわる新藤兼人監督の新作『一枚のハガキ』が、監督の地元、広島で先行上映されています。 かなり見応えのあ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。